2014年10月18日

今年の読書の秋はマンガ。


SちゃんのママとSちゃんのこれからのことを話していたのが
先週金曜、11日。
Sちゃんが亡くなったのが13日。

ママが言ってたんだよね、「(Sちゃんの)体の変形をこれ以上進めたくないから、
運動させるんだけど、うまくできない。リハビリの回数を増やしたいな。」とか、
「ちょっとのことで動じない、たくましく育てなな。」とか。

なんとかSちゃんが良くなるようにみんなでサポートして行こう!って、
言葉には出さんかったけど、すごいエネルギーやった。

Sちゃんを担当して、半年間、わたし、
自分で言うのもなんだけど、めっちゃ勉強した。

悩んだ。

調べまくった。

頭が興奮して眠れん。このままだと頭がパンクする!と思って、
気晴らしもやった。



すでにアップした「西郷隆盛」「諸葛孔明」「項羽と劉邦」「チンギスハーン」
に続き、↓

まんが
(項羽と劉邦、別バージョン。中はもちろん、マンガ。
 横山光輝氏よりも手塚治虫氏のマンガは相当展開が速くてくだけている。)

これらを数ページずつ読んでから寝てた。


いつのまにかやめられない習慣になってしまった。

本棚、物色。

次は「ブラック・ジャック」を読むか。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104717456

この記事へのトラックバック