2018年06月15日

「万引き家族」観てきました!


昨夏、映画を観に行ったときに冷房が故障、

帰りに次回無料チケットをもらいまして、

今度おもしろいのがあったら、と、

ずっと財布の中に入れていたんですね、

やっと使えました。

カンヌで最高賞に輝いた映画です。

樹木希林さんが出てらっしゃるでしょ、

見なきゃ、と思って。


いや〜、内容、愕然、です。

表面、やることなすこと、

それって犯罪でしょ、って。

映像もどろっどろですよ。

『誰も知らない』、思い出しましたわ。

けどねー、不思議。

最後には、世の中のできごと、

何が正しくて、何が間違いなのか

分からなくなっちゃった。

「正しいこと」って、「悪いこと」って、

そんなふうに決められることって無いんじゃない?

って。

もやもやが残る、頭が混乱したままで終わる、

そんな映画。

いじわるですね〜監督(笑)


樹木希林さん演じるおばあちゃん、

入れ歯をはずした樹木さんを見たのも衝撃的でしたが、

別れたダンナの新しい嫁の息子からお金をせびりつつ、

反面、その娘(血のつながらない孫?)をいたわり、かわいがる、

表向きはとってもおだやかなしあわせ感があふれてましたが、

心の奥底はどんなだったのだろうかと、謎。

想像がつきません。

今度、親戚の臨床心理士に訊いてみます。

答えが知りたいです。

心の機微の描き方が複雑絶妙、重い映画ですよ(笑)





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記