2018年05月06日

老前整理、拍車がかかり、とうとう・・・


激動のゴールデンウィークでした。



老前整理、勢いづき、

とうとう、20年勤めた職場に

「退職願」まで

出しちゃいました(´Д`;;



老前整理が進むにつれ、

(もしかしたら職場も辞めちゃうんじゃないだろうか・・・)

と、ちらっと頭をよぎったことがありましたが、

その通りになってしまいました(^^;

その日が誕生日に来るとは、思ってもみませんでしたが。


今の職場は今年末には新しい建物に引っ越し、

来年春にはまるごと市の社会福祉協議会に吸収されます。

職員は手続き上、いったん退職扱いになり新たに雇用となります。

(わたし、引き際を間違えるなよ・・・)

と、思っていたところに、

4月24日、

直属上司からお客様にとってあまりに理不尽な対応の要求あり。

それも夕方5時半過ぎ自宅に電話で。

(わたしの)今後のことも考えてるから、明日(出勤したら)話しましょう、

と、切りました。


次の日からのこと、かくかくしかじか説明するのもどうか、

常識では考えられないことばかり。

今の上司に代わって3年、

その人それぞれ、考え方もいろいろあるから、

自分がうまく合わせてやっていけばいいんだ、

それもプロの技術だと、やってきました。

上司のお客様の対応の悪さをわたしら(部下)がひっかぶって、

フォローしてきたことも多々。

それを「たいしたクレームじゃないとわたしは思ってる。」と、

面と向かって言われた折には、

(えっ!?)ですよ。

こんなバカな上司のもとでこれからも働いていくのか、と思うと、

(自分、アホか。)と。

「とにかく3年がんばります!
 至らないところもありますが、
 みなさん、よろしくお願いします!」

深々と頭を下げていた上司。

3年経っても辞めそうにないので、わたしが辞めます。


わたしの辞めるという情報はあっという間に広がり、

当日、訪問リハビリを1時間して帰ってきたら、

違う部署のヘルパーさんから

「送別会するからね。」と、言われました(笑)

経営陣に退職願も出してないのに!


経営陣に何か言われたんでしょう、

上司から形式的な「引き止め」をされたのは次の日でした。

「(公言は)退職願を受理されてからにしてください。」

とお願いしました。

なんでこんなことまでわたしが言わなアカンの。

よっぽど、わたしに辞めてほしかったんでしょうかねぇ・・・・。

スタッフ、みんなもう知っていますが、

明日、辞めますの挨拶するよう、上司に言われてます。

変だ。



<追記>

辞めるとなると、寄ってくる人がいますねー、

同情というか、愚痴を言う相手を見つけたっていうか、

イヤですねー、そういうやつ。

自分では辞める勇気が無いのに、さも辞めるようなこと言って

上司の文句を言う。

そういうのには乗りません。

本当の理由なんて、本人には言いましたが
(まったく理解できないようでしたが、)

経営陣にも言いませんよ。

(会社には5月に入って「退職願」提出、受理されました。)

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記