2018年05月26日

バーガー店で語学


2日前、健康診断に行ってきました。

前日の夕食後から絶食。

(お腹すいた〜。)

朝早くから行けばいいのに なんやかややってて

会場に着いたのは、10時半。

まあこの時間ともなればガラガラで

スイスイと すべての健診項目終了。


会場近くのモスバーガーへ飛んでいく。

カウンター席に陣取り、注文品を待つ。

「Oh! Nice!」
「・・・・」
「OK!」
「・・・・」
「Year!」
「・・・・」

・・・・

右隣から異国の言葉が。

カウンターの前はガラス張りになっていて横に目をずらすと

二つ隣の席の顔が映っている。

金髪スポーツ刈り、がっちり肩幅、ぴたTシャツの男性、

そのかたわらに眼鏡の丸腰の おばあさん!


おばあさんが英語の本を読む、
↑↓
ほめまくる異国人男性

おばあさんが発音をミス
↑↓
訂正リピートする異国人男性


ああ、これが「駅前留学」ってやつ!?。



おばあさん、年のほど、80は超えてました。

すごい集中力!

つらつらと、すごかったですわー。

めちゃカッコよかったあー(^^)b


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月19日

伯父に続き伯母が亡くなりました。


どこまで日記を書いたのだったか、

思い出せないくらい、たくさんのことが起きてます。

過去の記事を見直してから書いてます。



先週、10日、伯母が亡くなりました。

先月、9日、急死した伯父の奥さんです。

そもそも入院中の伯母の最後を自宅で看取るために

伯父が家のかたづけをしていた最中に倒れたのです。

伯母はすでにその頃から意識がもうろうとしていて、

点滴だけで持っていた状態で、

結局、伯父が亡くなったのも知らぬまま。

「月命日に伯父が迎えに来たんだ。」とか、

今頃、浄土で、「なんで、お父さんがここにいるの!?」

なんて、伯母がびっくりしているだろうと、

みんな口々に言っていました。


葬儀は13日、朝一番の電車に乗って行ってきました。

ついこの間、親戚みんなに会ったばかり。

何年も会ってなかった人たちに

このところ頻回に会うようになりましたわ。


今回はみんな納得のお葬式。

三人の息子さんたちにも笑顔が見られ。

親の世代、残すはうちの母と

もう一人の叔母だけになってしまいました。

時代の変わりを感じます。

そうそう、それにしても北陸の精進料理は

やっぱりおいしい(^^)b

きれいやし。

ざっと写真を載せます。

おばちゃんお葬式1 おばちゃんお葬式2
おばちゃんお葬式3 おばちゃんお葬式4
おばちゃんお葬式5 おばちゃんお葬式6
おばちゃんお葬式7(←ムース、おいしかった(^^))


肉、魚はまったく使っておりませんよー。

おさしみはこんにゃくで、かば焼きはレンコンをすってできてます。


お葬式はイヤですが、精進料理はじつは・・・

楽しみ♪でして・・・毎日食べたい(^^ゞ


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月10日

退職騒動中も楽しんでました。


バタバタと急変したゴールデンウィークでしたが、

嬉しいこともいっぱいありまして、

ゴールデンウィーク明けには

若くてべっぴんさんで、性格も素直な

とってもすてきな後輩が入職してくれまして、

わたし、ウキウキで仕事してます。

退職騒動でアップ忘れてましたが、

岡山にも行ってきましたよ。

夜は「豆炭」という居酒屋さんで

いろんなもの自分で焼いて食べました。

豆炭が入ったコンロがテーブルに置かれますの。

岡山1

せせりもレバーも新鮮で、めっちゃおいしかった。


ホテルで一泊、次の朝、日本三大名園のひとつ、

後楽園を散歩。

ホテルの窓から岡山城。

岡山2

石川の兼六園とは全く違いますねー。

ひろびろー。

岡山3

奥に進むと、

なんじゃこりゃー!!?


岡山5

そ、蘇鉄(そてつ)群!?

岡山6

南国だ・・・なんちゅう違和感。。。

お、お殿様の好み?



さらに進んで岡山城。

現代に再建築したものだそうですが、

なんか平面的な作り。

一軒家というよりマンションふう。

これまたお殿様の好みだったんでしょうか。

岡山4


近くには竹久夢二の記念館もあったのですが、

今回はパス。

岡山、縁あってこれからちょくちょく行くことになったので、

またいろいろ回ってみます(^^)/



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月06日

老前整理、拍車がかかり、とうとう・・・


激動のゴールデンウィークでした。



老前整理、勢いづき、

とうとう、20年勤めた職場に

「退職願」まで

出しちゃいました(´Д`;;



老前整理が進むにつれ、

(もしかしたら職場も辞めちゃうんじゃないだろうか・・・)

と、ちらっと頭をよぎったことがありましたが、

その通りになってしまいました(^^;

その日が誕生日に来るとは、思ってもみませんでしたが。


今の職場は今年末には新しい建物に引っ越し、

来年春にはまるごと市の社会福祉協議会に吸収されます。

職員は手続き上、いったん退職扱いになり新たに雇用となります。

(わたし、引き際を間違えるなよ・・・)

と、思っていたところに、

4月24日、

直属上司からお客様にとってあまりに理不尽な対応の要求あり。

それも夕方5時半過ぎ自宅に電話で。

(わたしの)今後のことも考えてるから、明日(出勤したら)話しましょう、

と、切りました。


次の日からのこと、かくかくしかじか説明するのもどうか、

常識では考えられないことばかり。

今の上司に代わって3年、

その人それぞれ、考え方もいろいろあるから、

自分がうまく合わせてやっていけばいいんだ、

それもプロの技術だと、やってきました。

上司のお客様の対応の悪さをわたしら(部下)がひっかぶって、

フォローしてきたことも多々。

それを「たいしたクレームじゃないとわたしは思ってる。」と、

面と向かって言われた折には、

(えっ!?)ですよ。

こんなバカな上司のもとでこれからも働いていくのか、と思うと、

(自分、アホか。)と。

「とにかく3年がんばります!
 至らないところもありますが、
 みなさん、よろしくお願いします!」

深々と頭を下げていた上司。

3年経っても辞めそうにないので、わたしが辞めます。


わたしの辞めるという情報はあっという間に広がり、

当日、訪問リハビリを1時間して帰ってきたら、

違う部署のヘルパーさんから

「送別会するからね。」と、言われました(笑)

経営陣に退職願も出してないのに!


経営陣に何か言われたんでしょう、

上司から形式的な「引き止め」をされたのは次の日でした。

「(公言は)退職願を受理されてからにしてください。」

とお願いしました。

なんでこんなことまでわたしが言わなアカンの。

よっぽど、わたしに辞めてほしかったんでしょうかねぇ・・・・。

スタッフ、みんなもう知っていますが、

明日、辞めますの挨拶するよう、上司に言われてます。

変だ。



<追記>

辞めるとなると、寄ってくる人がいますねー、

同情というか、愚痴を言う相手を見つけたっていうか、

イヤですねー、そういうやつ。

自分では辞める勇気が無いのに、さも辞めるようなこと言って

上司の文句を言う。

そういうのには乗りません。

本当の理由なんて、本人には言いましたが
(まったく理解できないようでしたが、)

経営陣にも言いませんよ。

(会社には5月に入って「退職願」提出、受理されました。)

posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記