2017年10月28日

終了してスッキリ。


ああ!またアップ忘れとったあー!

まあ昨日は朝から気が張ってたんかなー?

3年6か月、ご利用のあった88歳男性の訪問、

昨日、本人に終了宣言しました!


この数か月は、看護師やわたしが訪問のたびに愚痴聴き。

「まあ、座って話を聴いて。」と言われ、

医師や病院のこと、市が何もやってくれない、

息子も嫁も・・・ってこと、延々文句言うのを

相づち打って、聴いて。

おまけに同僚の看護師の文句まで言い出して、

でも、あんたたちのメンツは

つぶさんようにするから、なんて、

これ、説教に脅迫でしょ。

自分が経営している事務所だったら、

とっくの昔に断ってる、こういう顧客。


一週交代で訪問していた看護師が、

「やることがリハビリじゃないでしょ、あかねさんに申し訳ないわ。」

と言ってくれてたんだけど、

先週、看護師が、医師、家族、本人の承諾を得、

正式に看護師の訪問休止が認められました。


しかし、ケアマネによると、

看護師の訪問が無くなっても、わたしの訪問の続行を

希望しているとのこと。

理由は「カウンセリングとして話を聴いてもらいたい。」

ということだそうで、

でもそれ、訪問の主旨が違いますしね。

もちろん、

ただ辞めたいということで終了にしたわけじゃないですよ、

料理もするし、掃除もするし、

病院の通院も一人でできるようになったし、

実質、訪問サービスは終了の時期が来ていたんですよ。

デイサービスも行かれるようになりましたし。


言ってみたら、意外にあっさりでした。

あ〜〜〜、スッキリした。



<追記>

実績とかけっこう厳しい係長が、訪問件数が減るのに、
終了を許可してくれてました。

高齢だから看護師の訪問は続ける必要があると係長が言うので、
現状を説明、U看護師だけでは負担、ほかの看護師の介入も
提案していたところでした。

看護師を残して終了するのが、気がかりだったのですが、
思いがけず看護師のほうが先に休止(実質終了)となりました。

今回は訪問終了を何回も願い出ていても、
ケアマネが動いてくれませんでした。

ケアマネも一人でかかえるのは大変なんだと思います。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記