2017年10月31日

多量の薬を飲む。


レポートに

「高齢者がおかずのようにたくさん薬を飲んでいて、
逆に内臓を悪くしていると思う。こんな医療でいいのか疑問」

と書いて送ったら、講師の先生から、

「わたしも知れば知るほど日本の医療の遅れを感じている」

との返事が来た。

うちの母の場合、10年前にパーキンソン病のような症状が出て
(震え、歩いていてバランスを崩す、仮面様顔貌・・・)

このまま歩けなくなるのかと思ったけど、

主治医が転勤になって、新しい医師が来たとたん、

母の症状を診て、薬をチェック。

その中のある薬を止めたら

症状が全部無くなった。

薬の怖さを知りましたわ。


高齢の方の薬を見せてもらうと、

とにかくすごいですよ、びっくりする。

いろんな薬を合わせて1日30粒も飲んでる人もいるから。

それに加えて、骨粗鬆症改善とかでおなかに注射打ってる人も。

わたしなんか、ロキソニン1個飲んだだけで、

体がだるくなるし、おしっこの量も減るし、

ふらふらになるのに。

まあ、高齢者の場合、内臓機能も低下してるから、

多量に飲んでも吸収も少ないのかもしれないけど。


先日もナトリウムが低下してるってんで、

1日おきにナトリウムの点滴に行ってる88歳の方がいたのね、

お薬見せてもらったら、副作用に低ナトリウム血症起こすやつが

入ってたわけ。

点滴してる医師に連絡したら、処方しているのが○○大学病院なので

その先生に聞かないと・・・って返事。

(おかしいな?)とは思ってるみたいだったけど。

医師が代わった時に、薬を減らしたいって申し出たら、

前に担当していた医師の薬を「これ、いい薬使ってますよ〜。」

って逆に勧められた人もいるしね、

こんなんやってたら、どんどん医療費かさむの当たり前。


本当に必要な人に必要な医療をする。

そうなるのは、いろいろあって時間がかかりそうよ。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月30日

一日中勉強


昨日は一日中、先日のセミナーのビデオ起こしと

レポート作成してました。

習ったことのまとめをして、分かりにくかったところや質問、

感想を書いて提出するのです。

これがまた辛いんだわ。

煮詰まったら、立って歩いて、階段上り下りしたり、

背伸びしたり。

学生の頃って、何時間も座ってられたじゃないですか、

あんなカラダ、持ってるだけで凄いんだから。

80代の人が目が悪くて本も読めなくなった、

って言ってたなあ。

勉強もできる時がしあわせ。

今のうちに頑張んなきゃ・・・(^^;




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月29日

腰にアプローチしても腰の痛みは取れなかった。


この半年、右腰が痛くて、

座ってても、立ってても、ジクジクジクジク。。。

腰自体押さえても、

「おおー、そこそこ!」

ってとこが、イマイチ無かったのね。

これ、やっぱり腰じゃないな、

って思って、

一昨日の晩、体のあちこちくまなく押して動いてみた。


わかったわ。

原因は腹斜筋。

内腹斜筋。

押さえて動いたら、全然 腰痛くないの。

もう内腹斜筋にアプローチするしかないっしょ。

昨日、体幹を左に側屈、右に回旋して過ごした。

腰痛いのに、おなかにシップ貼って寝ると、

次の朝、腰痛くないし。

これって、全然 変なことじゃないからね。


腰痛言っても、原因はその時、その時違う。

こういうの細かに診てくれる医院とか

治療院があったらいいのになあ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月28日

終了してスッキリ。


ああ!またアップ忘れとったあー!

まあ昨日は朝から気が張ってたんかなー?

3年6か月、ご利用のあった88歳男性の訪問、

昨日、本人に終了宣言しました!


この数か月は、看護師やわたしが訪問のたびに愚痴聴き。

「まあ、座って話を聴いて。」と言われ、

医師や病院のこと、市が何もやってくれない、

息子も嫁も・・・ってこと、延々文句言うのを

相づち打って、聴いて。

おまけに同僚の看護師の文句まで言い出して、

でも、あんたたちのメンツは

つぶさんようにするから、なんて、

これ、説教に脅迫でしょ。

自分が経営している事務所だったら、

とっくの昔に断ってる、こういう顧客。


一週交代で訪問していた看護師が、

「やることがリハビリじゃないでしょ、あかねさんに申し訳ないわ。」

と言ってくれてたんだけど、

先週、看護師が、医師、家族、本人の承諾を得、

正式に看護師の訪問休止が認められました。


しかし、ケアマネによると、

看護師の訪問が無くなっても、わたしの訪問の続行を

希望しているとのこと。

理由は「カウンセリングとして話を聴いてもらいたい。」

ということだそうで、

でもそれ、訪問の主旨が違いますしね。

もちろん、

ただ辞めたいということで終了にしたわけじゃないですよ、

料理もするし、掃除もするし、

病院の通院も一人でできるようになったし、

実質、訪問サービスは終了の時期が来ていたんですよ。

デイサービスも行かれるようになりましたし。


言ってみたら、意外にあっさりでした。

あ〜〜〜、スッキリした。



<追記>

実績とかけっこう厳しい係長が、訪問件数が減るのに、
終了を許可してくれてました。

高齢だから看護師の訪問は続ける必要があると係長が言うので、
現状を説明、U看護師だけでは負担、ほかの看護師の介入も
提案していたところでした。

看護師を残して終了するのが、気がかりだったのですが、
思いがけず看護師のほうが先に休止(実質終了)となりました。

今回は訪問終了を何回も願い出ていても、
ケアマネが動いてくれませんでした。

ケアマネも一人でかかえるのは大変なんだと思います。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月26日

痛み治療にのめり込んでて・・・


あーーーー!!!

昨日アップするの、忘れとったぁー(◎_◎;)

夕方、職場の新入り看護師Nさんが、

「脚のつけねが痛くってー。」って寄ってきたもんだから、

こうこうこうして・・・と、治療 兼 アドバイスした。

その前に仕事先の91歳の方が右腕が「常に痛い」って訴えてて、

その治療をしてきたもんだから、頭が治療のことでいっぱい。

きっと、そのせいで忘れたんだ。

91歳で合併症をいっぱい持ってはるから、

職場の看護師さんにやったみたいに

ダイレクトに治療すると、後に大変になったりする。

毎回、小出しでマイルドにやってみてその後の反応を診て、

(これならいけるかな?)と、思ったとこ。

昨日、

「ずっと来てもらえるわけにはいかないの?」

と、言ってくださって、

(ああ、やっとこれで信頼してもらえるようになったな。)

と、感じた。

次の策を練ってる。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記