2017年04月25日

生活支援機器を積極的に使おう!


在宅のリハビリをしに行って、わたし、思うようになったんです。

わたしが年取ったら、バンバン、生活支援機器を使おう!

って。

今現場で「こんな便利がものがありますよ。」って、勧めても、

「そうなの!?使うわ!」

って人は、ほとんどいないですね。

どうやってカバーしてるかっていうと、ヘルパーさんや看護師さん、

もちろん家族さん、

よいしょ!って力入れてね。

こんなことが常識になってるんですよ。

わ〜〜〜、そんなん、体痛めます、

自分たちの老後、どうするねん!って思います。

いまだに、「ベッドから車いすへの移乗のしかたの講演やって。」

なんて言う人いるけど、最低。

リフトとかスライディングボードやシート、

今回バリアフリー展行ったら、もっと簡単な便利な器具がいっぱい出てました。

ベッドが車いすに変形するのだって、数年前から出てきてます。

人力よりもまず、積極的にこんなんあるよって情報を提供していく、

ってふうに変わっていかないと。

そのかわりお金、かかりますけど。

人の手をわずらわせるのが申し訳ない、って気持ちの人で、

ある程度まとまったお金持っていたら買いますよ。


何年か前に、ヨーロッパの理学療法士の移動ビデオを見て愕然としましたね。

リフト使ってて、ささっとシートあてて、さっとリングに通して、

ハイ、完了!お仕事終わり!

ですって。

お給料もらえるんですよ、専門職として。

これが普通なんだから。



メーカーさんと話したら、今はお風呂も自動で入れるのが500万円ほどとか。

今のところ施設に入れてるだけだけど。

将来必要になったら、わたしは買います。

何年後かはもっと研究されて、障害があってもなくても

いろんな人が使えるお風呂ができる。

トイレだって、調理だって。

だから貯金しますよ。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記