2017年04月11日

高齢者のリハビリは卒業。


昨日、県の健康福祉部から手紙が届いた。

地域リハビリテーション活動支援事業(市町事業)への協力依頼だと。

あ、すみません、わたしもう、高齢者のリハビリは卒業なので。

長年たずさわってきて、社会の変化も見てきて、

そもそも「リハビリの始まり」って、

日本みたいな高齢者対象じゃなかったよね?

って、思い出して、

脳が高齢者のリハビリはおしまい!って、切ってしまったから。

そもそも、高齢者が増えるから、ってんで、

リハビリ職をこの10年で何十倍も増やすなんて、

どういう考えだったんだろう。

介護保険月何万も補助して、デイでもリハビリ、家庭でもリハビリって、

地域ではリハビリじゃなくて、「生活を支える」のがメインじゃないの?

もう分かってる人は分かってるよね。

これからどうなっていくのか。

職場に届いたけど、わたし宛になっていたから、

所属先のトップ(局長)が目にしなくてよかった。

目にしたら、ややこしいことになってた。

それでなくとも、高齢者事業に引っ張り込まれそうなんだから。

これからは、ほそぼそでいいから、健康のための

若い人対象の仕事していくの。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記