2017年03月11日

過剰サービスの現状


訪問リハビリご利用中のFさん、89歳男性。

26年お正月明け、退院してから訪問開始。

同時に在宅酸素療法を始め、
退院前まで体調を崩しては救急入院を繰り返していたのですが、
この3年、一度も入院していませんし、
在宅酸素も中止、風邪ひとつひかず暮らしています。

一昨日、マンションの水道検査のため断水になるということで、
お風呂に水を貯め、その水をトイレまで運んだと。

それも十数回・・・。

さらに床に落ちた水を拭き・・・。

これって、あたしらでも重労働。

ここまでできたらもう訪問しなくていいんじゃない?

そろそろ辞め時と思って、前々からケアマネさんにも
問い合わせてるんだけども、なかなか辞めさせてもらえない。
「話だけでも聞きに行ってあげて〜。」って感じで。

こんな利用者さん、けっこういます。

訪問リハビリ、開始は簡単ですが、辞めるのが難しい。

こんな調子じゃ、介護保険サービスも破綻すると思います。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月10日

超ビジー。


家の事と勤務とめっちゃ忙しいの。

パソコンの前に座る・・・・至福の時間が1日に10分!ってどうよ!

SPIは思った以上にむずかしくて、できないし、

T君には、「それって、10年前に僕に教えてくれたやつやん!」
って、呆れられるし、

忙しいわ、自分の頭が硬くなってしまってて情けないわ、で、

なんだか、イライラするぅ〜(笑)


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月09日

ヒット中の豆菓子


石川の姉貴から、ホワイトデーにちなんで
お菓子が送られてきました。

萬久(ばんきゅう)さんの豆菓子。

和紙でできた入れ物。
手のひらにちょうど。

萬久1

開けると・・・

萬久2

チョココーティングしたお豆が出てきました。

萬久3

口に入れると、チョコだけが溶けることなく、
噛むと中の大豆がチョコといっしょに砕けていく・・・

なんと、ほど良い固さの煎りかげん。

金沢駅には広いおみやげ売り場があって、
そこの一角に女の子たちが列を作っているのを見ました。

その先は萬久さんのお豆売り場。

(こんな若い女の子たちがお豆なんて食べるの?)
と、思いましたが、食べてみてナットク。

おいしい・・・(^_^)
ポリポリとスナック感覚ですね。

容器もおしゃれ。
一個一個手書きですよ。

今、ヒット中の金沢のおみやげの一つです。

いろんな種類があるわよ〜↓
http://www.mameya-bankyu.com/


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月08日

SPI始めました。


昨日から「SPI3」始めました。

就職時に使う適正検査の一つです。

webで例題をやってみたら、おもしろくって、ハマりました(^^)

本を1冊買ったので、まずはこれをスラスラに解けるよう攻略します。

1週間、みっちりやります。

終わったら、きっと頭が柔軟になっていること間違いなし。

だと、思います(^_^)v


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月07日

すっごいストレス・・・


昨日、職場に顔を出したとたんに、係長に声をかけられた。

(やな予感。。。)

顔を出すとすぐに係長の要望を押し付けられるから。
(今日はいきなり何言われるだろう?)って、
詰所のドア開けるのがドキドキする。


「担当の○○さんなんやけど、もう良くなったからあ〜・・・・」

(わ!とんでもない!まだまだよ。)

Hさん、全身痛がって、今大変なのに!
負担の無い介助法や補助器具を息子さんに伝えなきゃいけないのに!

「そんな!全然良くなってないですよ!」

つい、大きな声が出てしまった。

この頃、声かけられると、

新規の人を入れたいから、今担当中の人を看護師に任せて、
あかねさんは新規の人を担当してな。
段取り組んだから。

って、ことになる。
すでに、仕組まれてるんだ。

組織だから、上の人の言うとおりに動かなイカンのは分かってる。

でもこれが、すっごいストレスで。

異業種(看護師)がトップっていうのも、どうも・・・。

割り切ろうとするけど、どんどん溝が深まっていってる。

デイサービス行く気力がなくなった人がいるから
訪問リハビリでなんとかして〜、

なんていうオーダーとか、よそでも請け負わないのに、

もう、受けないで〜(;_;)


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記