2017年03月22日

グーグルさん


昨日のグーグルさんもかわいかった(^^)

   グーグル


毎日の中の、

ちょっとした ごほうび・・・かな?








posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月21日

人生の節目


ひーひー、ふーふー・・・・、ふぇ〜〜〜〜・・・

昨日の、というか、今朝のというか、

睡眠時間、2時間。

4時半に寝て、6時半に起きました。

今がガンバリ時と、こん詰めてやってますが、

しんどーーーー。

この年になると後になって体に来そう。

でも、

なんかやったら、なんかが変わる。

きっといい結果になると思うから、

がんばる!


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月20日

「ペコロスの母に会いに行く」原作者秘話


昨日書いた「ペコロスの母に会いに行く」、

ペコロスさんのお母様に会いに行く、っていう意味じゃなくて、

ペコロスさんが、お母様に会いに行く、って意味なんですね。

ずっと、前者のほうだと思ってました(^^ゞ


一つずつ一つずつ、お母様は記憶を無くされ、

施設に会いに行くと、知らない人が来たと大騒ぎ。

つるつる頭を差し出すと、「なあんだ・・・」と、

自分の息子、雄一さんだと分かる。

そのうち頭を差し出しても分からなくなってしまう。

それはとてもさみしいことであったけど、良かったこともあった。

実は、雄一さんは、お父様とのできごとがトラウマのようになっていて、

自分の結婚生活も破綻。

長崎に戻り、1人になったお母様と暮らすうち、

お母様の認知症が進んで行き、

いつのまにかお母様は、お酒を飲んでは荒れ、

包丁を持ち出したお父様のことも忘れ、

とてもいいご主人だったように記憶を書き変えて行くのです。

その姿はとてもしあわせそう。

それを見ているうち、雄一さんの心にも変化が現れ始めます。

雄一さんは、お母様は、お母様のお父様を慕う姿を通して、

お父様と自分との関係のやり直しをさせてくれたのでは?

と、思うようになったそうです。

いつのまにか、若き日の包丁を持ったお父様が

遠くになって行った、と。


認知症の人に出会った時、その人がどんな人生を送ってきたのか、

思いをはせてみるととても大事なことが分かるのかも知れません。


監督もこの映画を撮った時、認知症が始まっていたのだとか。

これからもこの映画の上映は、どこかで続いて行くのでしょうね。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月19日

上映会「ペコロスの母に会いに行く」


昨日、大阪府地域福祉推進財団主催の行事に参加。

3月初めに、

「ペコロスの母に会いに行く」を見に来ませんか〜?

っていうメールをいただいたので、行ってきました。

この映画、2013年公開ですが、今でも町中でポスター見かけるんですよ。
車椅子に乗ったおばあ様がつるつる頭をなでなでしているの、
いい映画だと分かってましたが、未だ見てなかったんですよね、
即、参加の返信をしました。

貴重なことに上映前に原作者の岡野雄一さんの講演もあったんです。

「母」は、岡野さんのお母様がモデル。

お父様が亡くなってから認知症が始まり、
5年間家でみられた後、グループホームに入所。
9年後、亡くなられたそうです。

お父様はとても繊細な方で、家族を養うために勤め人となったのですが、
それが相当ストレスだったらしく、お酒で紛らし、暴力を振るう、
包丁を持ち出すこともあり、お母様は大変苦労なさったそう。

お母様の入所先を探している時、
岡野さんご本人が入所する人だと間違えられたエピソードとか、
介護している中で感じたことなど、
これらを聞いてから映画を見ると、現実に結びついちゃって、
もう、ぼろっぼろ。゚(T^T)゚。 でしたわ(笑)

認知症になった人の症状って、千差万別。
そして起きている症状にはそれぞれ意味があるんですね。

その人の生きてきた道を大切にしたいです。

こんなステキな映画、無料で観させていただいて、
大阪府地域福祉推進財団 様に感謝!します。





<追記>

帰りに思わず、「ペコロス」買ってしまいました。

ペコロス

あったかい野菜スープ作りましょうか。






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月18日

昨日のグーグルさん


昨日もめっちゃオシャレやった。


グーグル3/17


いろいろなデザイナーさんのが見られるから、新鮮。

鈍った頭に刺激になりますわ。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記