2017年02月01日

2月です、自分をシフト。


「カルテット」、いいですねー(^^)b
初めはなんだか軽そうなドラマに思ったのですが、
ところがどっこい!でした。

言葉のテンポの良さ、はぐらかしにキラリとしたものを感じて
見続けたところ、回を重ねるごとにますます興味がわきます。

人それぞれ秘密をかかえてる。

あえて詮索しないし、訊かれても明るく返し、
知っても世間の理想を押しつけるでなく、相手の気持ちを尊重する。

「カルテット」は、わたしには新しい勉強になります。

いい人ぶったおせっかいや、まやかしのやさしさは、
卒業せんといかん!ってことですよ。

昨日は、術創の抜糸でした。

先週末は先生が一目見て、「もう少し置いときます。」となりました。

今回は、家でも自分でガーゼ交換の時に、ガーゼに浸出液がつかなくなったなあ〜と
思っての受診。

先生、傷を見るなり、チョキ、チョキ、チョキ・・・・

あいさつもそこそこにハサミの音がし出しました。

「抜糸ですか?」と、わたしから訊いたくらい、
先生はな〜んも言わずに処置を始め、あっという間に終わりました。
全然痛くなかった。

究極のやさしさですよ。

「カルテット」といい、先生といい、
今までの自分と違った世界を見せてもらってます。



<追記>

そりゃ、そうだわ、当然だわ。
今さら何言ってるん?
出演陣を見れば、深いドラマだってことくらい分かるやん!

ですね(笑)


カルテット






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記