2017年02月28日

ドクター指示書のストレス。


訪問看護、訪問リハビリ、指示書をなかなか書いてくれないドクターがいるんです。

それが無いと本来はこちらは仕事ができないんです。

再三、お願いの電話やら、ファックスやら、封書やら送るのですが、
音沙汰ナシ。

書くのがめんどいのか、忙しくてそれどころじゃないのか、
それとも、「書け」と言われて書くのが嫌なのか。

分かる気もするんですよ。

ケアマネや家族、本人が、
「リハビリ希望してると言ってるから、先生、指示書書いて。」

・・・なんて内容の依頼が来て、ハイハイ、なんて書くの、
ヘンでしょ。

担当ドクターやかかりつけ医が、
(この人、リハビリ必要やわ〜。)と診断したら、初めて指示が出る。

それが理想ですよ。

現状は違うんだよなあ〜、

だから現場はストレスが溜まるんだよなあ〜。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月27日

認知症の講演会に参加


昨日は、大阪の松本診療所(ものわすれクリニック)、
松本一生先生の講演会参加。

題して、「地域で支える認知症〜認知症と暮らす〜」。

先生は患者さん本人のみならず、
介護家族への支援に重点を置いておられます。

ちょっとだけ、内容を書きます。


もし、介護家族から、

@わたしは介護で辛い思いをしたことが無い
Aわたしの人生は○○の介護に捧げる
Bわたしは誰の手も借りずに介護しなければならない


というサイン(発言)があったら、要注意だそうです。

@番は、身体症状がいっぱい出る傾向があり、
これは過剰適応の表れだそうです。

A番は、30%の人が6カ月以内に介護の破綻をきたすそうです。
たとえば、患者さんを置いて夜逃げする、ネグレクトなど。

B番は、追い詰められてしまっていて、過剰発言しているそう。

これは、介護者のみならず、われわれ支援者にも言えます。
いろんな人の力を借りるほうがいいんです。


なんといっても気になるのは、自分が認知症ではないか、ということですね。
もし、下記に当てはまったら、専門医に相談しましょう。

@モノが無くなることが増えた
Aいつも作ってもらている料理の味が変わった
B待ち合わせや約束を違える事が増えた
C何事も「面倒くさく」なってしまう
Dおとといの晩ご飯の献立が思い出せない

軽度認知障害から移行した(834名の訴え、上位5つ)。

また、身近な人が気づく時の場合、
下記3つ以上思い当たれば、相談の価値ありだそうです。

@これまでより怒りっぽくなった
A何度も確認が増えた
B家電の操作ができなくなった
C何事にも関心を示さない
D大きなお札での支払いばかりする



身近にひょっとしたら・・・って人、います?

初期のうちに、ちゃんとした先生に診てもらって
対処しましょう。






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月26日

パスワードは途中までの入力でもOK!?


先日、クレジットカードのポイントが
2月いっぱいで消滅してしまうのに気がついた。

おっと、いかん、また損をするとこだったと、
昨日、ネットから商品交換を申し込もうとした。

が、

確かにIDもパスワードも入力しているのに、
間違っている、とのコメントが出てなかなかログインできない。

いろいろ試してみたが、できない。

らちがあかんので、電話したら、これまた混みあっていて
すぐには出てもらえなかった。

しかたがないからメールで問い合わせ。
2,3日したら返事が返ってくるだろうと思っていたら、
しばらくして電話がかかってきた。

指示通りやっていくと、パスワードは8ケタまでの入力なのだという。

わたしが登録したのは12ケタ。
そのまんま8ケタまで入れればいいのだと。

えーっ、普通、登録した12ケタ入れない?

それか、登録する時点で、「8ケタまでにしてください」って、
書いとかない?

こんなシステムになっているのは、初めての体験だった。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月25日

グーグル画面、かわいい。


グーグルの検索トップ画面、

今日(2月25日現在)のも淡い色合いがかわいい(^^)

グーグル5


2日前は動画。

うれしいなあ〜、時々こんなふうに楽しませてくれるの。


グーグル3


グーグル2


グーグル1


グーグル4



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月24日

やってみたら悩み解消。


先日、会ったら、事前に聞いてたのと違うタイプの人だった、
という話を書いた。

気丈と聞いていたSさんは、やっぱり昨日も弱気なSさんで、
モタモタ歩いている姿を誰にも見せたくない、と、しょんぼり。

「運動しましょう!」と誘い、体幹部と骨盤・下肢の運動を
ひととおり終わらせ、玄関の段差の上がり下りをやってみた。

意外にスムーズ。

それから、それとなくわたしが玄関ドアを開けたら、
スッ〜と外に出て行った。

あらら。。。

見せなくないと言っていたモタモタ歩きはどこへやら。

転んではいけないとつかみかけたわたしの手を振り切り、
公道に突き当たるまで10m、なにごとも無かったようにスタスタ。。。

なんだ。。。大丈夫じゃん。

やってみたら、案外簡単に事が解決した(^^ゞ



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記