2016年12月14日

姉貴、悲壮な電話。


昨日、夜9時過ぎ、携帯に電話が!

(誰やろ?)と見たら、姉貴。

なんや、母さんに何かあったか!?

眉間にしわが寄せながら電話に出る。

「Kちゃん(孫)が・・・今日健診に行って・・・(無言・・・)
 
 左に開排制限あります・・・診察に行ってください・・・って言われた・・・って、
 
 ゆっこ(娘、Kちゃんの母)が帰ってきた・・・・。」

と、おどろおどろしく語る姉貴。

あ〜もう、

心臓が悪いとか、脳性マヒとか、そんなんかと思ったー。

「Kちゃん、ころころと寝返りもするし、ニコニコして元気やのに、

 なんでこんな・・・ネットで調べたら、装具つけるんやろ・・・・。」

お、おい、泣くな、姉貴!

股関節の開きのチェックには、けっこうひっかかりやすくて、

赤ちゃんが力を入れて脚を伸ばしていて開きにくい場合でも

診察に行って、って、言われるねん。

昨日のわたしの仕事での乳児健診でも22人中、3人もひっかかったよ。


でも、姉貴、いろいろ説明したけど、ああやこうやと話を最後まで聞かんの。

話にくくてしょうがないから、ゆっこちゃんと交代してもらった。

実はKちゃん、眠くてギャン泣き状態で体カチカチ、

いろいろ説明受けても、先生の話が聞き取れないくらいだったんだと。

3週間先にしか診察の予約が取れなかったそうだけど、

今どうこうあせるものでもないし、

まあ話を聞いた限りでは異常なしの結果になると思うし。

姉貴よりもゆっこちゃんのほうが肝が据わってる。

さすが母やな、大丈夫だと思うよ。



<追記>

1か月前、抱っこさせてもらった時、ちょっと向き癖があったんだよね。

言っといたほうがよかったかなあ・・・。

まん丸抱っこやおひなまき、桶谷式母乳育児・・・一生懸命やってるから、

細かいことは気にせんでいいと思ったんだけど。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月13日

交代はアカンことじゃない。


Iさんの担当交代劇。

昨日、次の担当の若い男性PTがさっそく行ってくださったとのこと。

玄関の30p以上ある、斜めあがりかまちを見て、

「これくらいなら一人で、Iさんを車イスに乗せたまま越えられる。」

と、言ってくださったそうです。

やっぱり男性ですよねー。

わたしみたいにあっちこっち痛めた老体では無理ですが。


交代したらアカンみたいな風潮あるけど、

臨機応変で交代したらいいと思う。

こんだけいろんな事業者さんができてるんだし。

今回はわたしから申し出たけど、利用者さんのほうからも

遠慮なくおっしゃったらいいんですよ。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月12日

きりちゃん、接吻したまま・・・!!


いやーよかった! 昨日の「真田丸」!

名場面満載!!

武将たちの戦い、そして、きりちゃん、よかったー。

最後の決戦前夜、

源次郎(幸村)さんにぎゅっと抱きしめられたよ。

いったい何十年越しの恋が実った?三十年?

そして、そして、

「遅い。せめて10年前に・・・・」

言いかけたきりちゃんの口をぶちゅっ!

口でふさぐ源次郎さん。

きゃあああ〜〜〜〜かっこいい〜〜〜(#^.^#)


「あの頃が私、一番きれいだったんですから。」

きりちゃん、接吻しながらしゃべる!

なんちゅう演出だー。

すてきー。

分かるわ、きりちゃん、きれいな頃のわたしに振り向いてほしかった、って。

でも、よかったねよかったね。



けど来週の放送で二人とも・・・・。


すてきな場面はこちら ↓ 38:22 頃から。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月11日

わたしたちの老後は今までと違うと心得よ。


昨日は 『地域包括ケアシステム』『介護予防事業』研修会、参加。

いやー、これからますますこういう研修会、増えますわ。

団塊世代が75歳を過ぎる2025年から2040年、

日本は超高齢社会、えらいこっちゃ!ってことで、

介護、福祉、医療、地域の活動もろもろ、

連携取り合って乗り切りましょう、って。

いやもう、話を聞いてると、恐ろしくなりますよ。

どんだけ年寄りだらけになんねん。

お金、必要ですよ。


わたしらの年代は、

年寄りだからって、のんびりなんて考えないでくださいよ、

働ける人は働いてよ、

そういう老後になるそうです。



<追記>

そうしないと若い世代が生きていけない。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月10日

あっというまの担当交代


ビックリの展開です。

担当していたIさんのリハビリ、7日にケアマネさんに交代を願い出て、

たった1日で、次の担当が決まりました。

早っ。


Iさん、女性スタッフを無視するんですよ。

看護師さんでさえ、声かけしても目をつむったまま、黙ったまま。

昔から男気溢れ、アニキ肌で、俺について来い!って人だったから?

それでもなんとか手すりを持って歩いてくれるようにはなったけど、

笑顔がねー、なかなか出ない。。。


前々から「若い男性理学療法士のほうが合うのでは?」

と、奥さんにもちかけていたんだけど、

「ウチはずっと女性理学療法士さん!」

の、一点張り。


もうそろそろ限界かなあ・・・と思っていたところ、

7日に、介護タクシーの担当が「若い男性に代わって良かったあー。」と、

奥さんごきげんで話すので、そのタイミングで

もう一度若い男性理学療法士への交代を勧めてみたら、

「・・・・」。

いつもと違う反応!


事務所に帰ってケアマネさんに相談したら、

「あー、バッチリの理学療法士さんいるわ!あたってみるわ!」

って。

次の日にはその人押さえて、奥さんに勧めて、主治医に許可もらって。

で、9日にわたしに報告。

出来るケアマネさん、話が早い。仕事も早い。


いやー、タクシーの若い運転手さん、グッドタイミング。

ほかのケースでもこんなにトントンと話が決まることはまれです。

これはきっと、神様も同感だったに違いない、うん(^_^)v


Iさん、笑顔が見られるようになったらいいな。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記