2016年04月25日

おまもり。


先日のバリアフリー展で
「ハンディネットワーク インターナショナル」のブースにも
行ってきました。

ノープレッシャークッションや春山社長開発の椅子、
テレビでビデオが流れてるの見て、一度座ってみたかったんです。

坐骨、ホンマにラクでした。骨盤を立てていられるんです。

座面や背もたれはしっかり硬さがあるんですね、
ふわふわを想像していたので意外でした。
でもそれが長時間座るとなると威力を発揮するんだと思います。

ブースを離れる時に担当の方がカタログといっしょに渡してくださいました。

春山満氏 ストラップ1

春山満氏 ストラップ2


「いじめないでくださいねー。」って(笑)

裏見たら、あはは(笑)

春山満氏 ストラップ3


おまもりにします。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月24日

階段昇降機ってラクよ〜。


今年も行ってまいりました!

バリアフリー展


またいちだんと進化してましたわー。

歩行アシスト器や歩行車などなど、今年もいろいろ体験してきましたよー。

中でも行く前から、今年は絶対体験するんだと決めていたコレ ↓

昇降機


階段をですね、車椅子を、女子が、一人で、介助して昇り降りできるという、
見た目、超怖いんですが、興味津々、ためらいはまったくなし。


乗りごこちは、あら!?楽ちん。空に浮いた感じ。
操作してみると、あら!?簡単!勝手に動いていくのね。

段の角にタイヤが当たると自動で止まるようにできています。
段から滑り落ちることはありません。

ボタンを押したまま器械に任せましょう。
それが1番のコツ。
押したり引いたりしても器械は動じないので疲れるだけ(笑)

月々のレンタル料金、介護保険利用で6,000円ほど。

けっこう2階にお部屋があって、
何年も外に出してないじゃない!?ってお家多いんですよ。


どんどん利用したらいいのにね、ほんと思いました。

わたしは老後、バンバン、福祉機器使うし、住宅改造しますよー(^^)b

そのためにやっぱりお金は貯めとこ(^^ゞ




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月23日

「ノルディック・ウォーク」


昨日、88歳男性Fさん、ご立腹。

「この間、デイサービスで両手に杖で歩いたんやー。

 そしたら、理学療法士が、
 
 “山歩きの杖、両手でついて歩いたらどうや〜”

 って、言うんや。

 あれは山歩きのもん。そんなもんで歩けるかー!」


かつてはボーイスカウトの責任者、山歩きで鍛えた脚、

今は思うように動かねど、こだわりがある。


でも、Fさん、チッ、チッ、チ。

今は、2本のポールを持ってクロスカントリースキーのように行う
ウォーキングが流行ってきているようですよ。

「ノルディック・ウォーク」と言うんだそうです。

デイサービスの理学療法士さん、間違ったこと言ってるわけじゃないんですね(^^)b

→ http://www.nordic-walk.or.jp/


今度、Fさんにパンフレット持って行って見せよう。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月22日

通販の誤算


FALOのTシャツ買いだめしました。

昨年2枚買って、着ごこちよかったので(←着ごこち重視派)。

白1枚、アイボリー3枚、ネイビー2枚、カーキ2枚、メトロ1枚。

首まわりが大きくあいてないところと、
肩がきっちり合うところが好き。

気軽に着替えて、洗濯ジャブジャブ、着たおします。



・・・ところが!

去年のと色が違う!

微妙に、いや、全然違う!(・_・;)  

袋の番号はまったく同じなのに!

(T_T)

   FALO1
(上のが去年の。下のが今年の。)



ま、シールかわいいから、許したる(笑)

   FALO2


<追記>

丈も2センチ長かった。。。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月21日

廃校を利用した博物館


静岡にお住まいの方のブログで知りました。

廃校になった建物を博物館としてオープン。

『ふじのくに地球環境史ミュージアム』

展示のしかたに目が行きました。

机や椅子をそのまま使ったり、机の天板を重ねて台にしたりなど
既存の物を利用してるんですね!

使い方が、センスいいんですよ!!

展示物よりもそっちの発想に脳がグニャリと動きました(^^)

誰がプロデュースしたんでしょう。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記