2015年12月16日

モフモフ、なでなで。


腰は9割回復。

昨日、怖がらずに動き回ったら、回復が早い、早い。

ぎっくり腰とのつきあいも慣れたもので(^^ゞ

(ああ、やっちゃったか・・・)くらいにしか
思わないところがいいんでしょう。


さて、昨晩はマツコさんの番組拝見。
ネコ特集やってました。

かっわいいなあ〜、ネコ。

昔、実家、ネコ飼ってたんで、見てるだけで感触まで浮かんできますの。

小学生から中学生の間いつもそばにネコがいましたから、
(高校生になって実家と離れて暮らし出したので、そこでネコともお別れ。)
毎日触ってましたもの。


想像しますよ、今の生活に、
ごろんと横になったらちょこんとそばに寄って来る、
脇に寄せて首から顎、脇の下、背中からおしり、モフモフなでなで・・・
にゃんこ喉ゴロゴロ・・・・



ああ〜たまりませんわ:*:・(* ̄ii ̄*)・:*:
(ああ・・・この頃からわたしはサービス精神旺盛だったのね(?))





飼いたいわ〜、

でも今の生活じゃ、なんだか不自然な都会ネコになっちゃうでしょ、
家の中だけで飼うってなると。

たぶん田舎生活じゃないと、わたしはネコ飼わないと思う(´・_・`)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月15日

腰痛ぶりかえし。


昨日の朝、すっかり腰が良くなったわたしは、
な〜んも気にせず出勤いたしました。

いつもどおりです。

まーったく痛くありません。

完全に忘れてました。。。


午後3時すぎ、Oさんと話している最中、
膝を着いて腰を丸めていた時でした。

グキッ!グキッ!


ああ!うそっ!2連発!?


伸びませんよ、腰(:_;)

けど、患者さんの前ですから。仕事中ですから。

お腹に力を入れ、なにごとも無いように過ごす。

玄関で靴を履くのも、できるだけ手を伸ばし、
曲がらない腰をカバー。

挨拶をしてドアを閉めたら、ふ〜っ。
腰をかがめお腹をさすり、ふ〜ふ〜言いながら小股歩き・・・。

詰所に帰ってもそんな姿みじんも見せず、

ああ・・・わたしって、なんてけなげ。

夜は背で床を這っておりました(^^ゞ



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月14日

心のダメージが。


おととい、障子を張っていてギクッ!とやってしまいました。

すぐにお腹の筋肉をモミモミ。。。

動けるようにはなったので、残りの作業をなんとかやり終えました。

その後、しっかり深部筋の緊張を落としたところ、8割は改善。

寝る前には普通に動けるまで回復。

それでも身体へのダメージは大きかったんでしょう、

12時に寝て、朝、目が覚めたら9時半でした(^^ゞ
(それでもまだ眠かった。)

年取ると、ストレスがかかると、
(あー、あんときのが来たなあー。)と、すぐに体に現れます。

またそれがすごい敏感に分かりますね。

今回は、前の日にゆっくり絵を見ようとでかけたのに、
バタバタと巻き添えを食らった形になり、
わたしは自分が軽くイラッとしただけと思っていましたが、
潜在意識の中では相当イライラしたんだと思います。


まあ、精神的にも物理的にもストレスがかかっても、
若い時は無頓着といいますか、対応力があったといいますか、
体に応える、って感じにくかったんですけどね。

今からこんなじゃ、80代になったらどうなってるんでしょう。

まあ何も対処してなかったら、悲惨な体になってることは確かですわ。

ひ〜ぃ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月13日

ワコールさん、どうした!?



なんか・・・


と〜ってもこれからの日本が、


心配になってしまいました。。。


→ 「僕と12人の パンツっ娘」


なにが総選挙じゃ!



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月12日

絵の世界


以前仕事でご一緒した助産師さん、絵を描かれるんです。

定期的に出展しておられ、今回も入選されたとのこと、
昨日見に行ってきました。

その展覧会は 抽象画っていうんですか、
想像の世界を描いたものばかり。

ハッキリ言って「不気味」です(^_^;)

日本人形や黒猫の眼、遠近感の無い風景・・・
ぐるりと囲まれてごらんなさいよ、
描いた人の執念があっちからこっちからよどめいていますの。

あたしにゃ、とうてい描けない(←水彩の風景画派)。
みなさん、すごい想像力。どんな頭してはるの?


助産師さんと一緒に描いた絵を見ながら喋っていたら、
ス〜っとそばに女性が寄って来てました
(や、ほんと、声をかけられるまで気がつかなかった。)

「注目をあびてるんですよ、この絵。」
下目づかいで助産師さんを見つめ、ゆ〜っくりしゃべる女性。

「は、はい、自分の体験をふまえて描いてみました。」
背筋を伸ばして答える助産師さん。

女性が離れてから、助産師さんが息せき切って話します。

声をかけてきた女性は大、大、大、先生で、
出せば必ず賞を取るというすっごーい偉いお方だそうです。
審査員もしているそうです。

「偉い先生が自ら歩み寄って声をかけて来られたあー!」
と、助産師さん、ドキドキ。

「怖い、怖い、怖い、誰が見ているか分からんわ。」
手に物がつかないようになり、その後お茶に行く予定だったのも返上。
興奮したまま帰って行きました。


わたしは隣の神社へ。毎年飾られる来年の絵馬を見に。

絵の世界もなにかと関係が難しいようです。

さる年絵馬



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記