2015年10月11日

歩行分析セミナー参加。


昨日、今日、地域の秋祭り。

昨日はだんじり、窓を開けてお囃子を聞くのみ。

わたしは午後からセミナー参加。

 歩行分析


1.「身体重心」と「床から受ける圧の中心」のバランスを取ることを考える。
2.足関節の動きが作れていないと股関節の動きが作れない。
3.膝は慣性力。股関節自体の動きを見ること。
4.間違った方法では繰り返し練習しても上手くならない。
  正しい運動を繰り返すことが大事。
5.マヒ下肢、装具を使うと筋活動が見られる。
  練習しているうちに装具をはずしても筋活動が見られるようになる。
6.本人に使わせよう。歩行介助しすぎない。セラピストの技量の影響は大きい。

などなど。

20年くらい前までは、装具を使わないで運動療法で歩行改善を図るのが主流だった。
今は積極的に早期から長下肢装具を使って歩かせる。

体を診るのも中枢部重視の傾向があったけど、末梢の重要性を言われるようになった。
それは大いに納得するところ。
痛みのセミナーで足関節の重要性を学んだから。


やけに、セミナー講師が言っていることと自分のやっていることが
つながったセミナーだった。

この3年、セミナーに出まくったのは無駄じゃ無かったみたい。
嬉しい。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月10日

必要のない医療


昨日、Fさん宅へ。

ドクターに言われるまま1年半、在宅酸素を続けてきたFさんですが、
どうも酸素なくてもいいみたいなんです。

お風呂に入る時も日曜大工をする時も
酸素をはずしてやっておられる。

先月は酸素をはずして散歩に出ました。
そばについて血中の酸素飽和度を計りながら歩きました。

酸素飽和度96〜98パーセント、全く問題なし。

この10日間はまったく酸素つけずに過ごし、
体調が悪くなることも無し。

ドクターにはすでに、酸素がなくても動ける状況を報告済み。
Fさんも「はずしてよい」という許可がほしいと願っている。

しかし、診察に行くと、

まあ、つけときなさい。」
 
と言われるそう。

Yドクター、わたしの報告書、見てないんちゃう?

(らちがあかん!)と思ったので、
2ページにわたりデータを記載した詳細な報告書を出しました。
これで次の診察時に何も言ってもらえなかったら、
このドクター、完全に見てないね。

先日送られてきた半年分の医療費を見て、Fさん驚き。
その病院だけで、ひと月16万近くもかかっていると。

在宅酸素管理料で、ひと月7万円も病院に落ちてる。

「これって、何をしてくれてるん?」と支払い時に尋ねたそうだ。

聴診器も当てないのに!!



Fさん、おっしゃってました。

僕みたいな高齢者に国が月20万もかけてる。
薬も同じようなのを何種類も何カ月も処方して、
月1回の診察で質問もしてくれないし、聴診器も当てない。
そんな診察で医療点数取って。

これが今の日本の現状や!おかしいやろ。


ちゃんと診察し、対応してくれれば、高齢者に対する医療費は減らせる。

と。


確かに。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月09日

「オンリー・ユー〜愛されて〜」19年ぶりに見た。


秋の夜長、みなさまはどのようにお過ごしでしょうか?

あたくし、なんだか心さみしいような、哀しいような、
静かに静かに過ごしております。

昨晩、ふと、昔のドラマが頭に浮かびました。

「オンリー・ユー〜愛されて〜」


この頃はバブル時代の華やかなトレンディドラマが
ひとしきり流行ったあと、

しっとりと想いにふけるドラマがポツポツと現れ始めました。

その中でも、大沢たかおさん演じる知的障害を持つ男性の
ピュアな愛を描いた作品、このドラマはダントツ!でしたね。

出演者の鈴木京香さんも大沢さんもこの時28歳!だったと、
昨日知りました。びっくり!

今、28歳でこんだけ雰囲気を出せる演技力のある俳優さんはいないんじゃないかと。

このドラマを見て、いっぺんに大沢さんのファンになり、
その後は出演しているドラマを見まくったものです。


You Tube にアップされています。
(やったー手(チョキ)!ですよ、ホンマ。)

続けて3話見ましたー。

0時23分、次の日に回っちゃったけど、
後半のストーリーが頭の中からすっぽり抜けてて、
気になったもんで、ざっと最終回までつまんで見ちゃいました(^^ゞ

最後、
(そうだ、そうだ・・・そうだった・・・。)


また、ゆっくり見ます。

涙ぼろっぼろになります。ティッシュ必需(笑)






<追記>

今見ると、4話くらいからドロドロ劇になるんやね。
ここんとこからすっかり抜けてる。

神田うのさんも出てる!

河相我聞さんも上手いなあ〜!
この頃よくドラマに出ておられたっけ。

16歳の吉川ひなのさん、めっちゃかわいい!
宝石みたい、キラッキラしてる。

主題歌のオリジナル・ラヴ さんの「プライマル」
やっぱええわ〜。。。
(頭の中グルグル。CD持ってます。)




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月08日

ちょっと変、ケアマネ。


昨日、Nさんのカンファレンス。

参加者は、御本人Nさん、デイケアスタッフ、ヘルパーさん、
わたしとケアマネジャーの5人。

ケアマネジャーは、Nさんが居住している超・高級介護施設の専属で、
入居している人たちのケアプランを一手に引き受けている。

実はこのケアマネジャーには2か月前知り合ったときから、
なんか違和感を感じる。


昨日も(なんか言い出すんじゃないだろか)という気がしていたら、
案の定、

「Nさんは今回、いいのか悪いのか、要支援2になりましたが、
 また、倒れたり、再発したりしたら、新たに申請できますから・・・」


    (◎_◎;)
  (みんなの目↑ )


あのさー、こういうことはこの場で言わんでいいんちゃうのぉ〜(-_-メ)




<追記>

Nさんは60歳女性の脳卒中後遺症の方で、もともと要支援2でした。
転んで大腿の頸部骨折で、急きょ申請、要介護2になり1年経ち、
もうバスにも乗れるし、歩いて病院にも通えるようになり、
このたび要支援2に戻ったのです。

わざわざ、なにかあったら新たに申請できるなんて話は、
分かり切ったことやし、

あの場でマイナスなこと言わなくてもいいと思うなあ。。。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月07日

別に悪いことじゃないけど。


医院を選ぶ時はできるだけ女医さんの所を選びます。
(特に婦人科系統は。)

昨日行った医院も女医さんです。

必然、女性患者さんが多くなります。

でも、

いるんですよね、2人くらいは男性の方が。
10人ほどいる女性患者さんに囲まれて。


近所に男性医師の医院もあるのに、
(なんで来るのかな〜?)って思います。

なんかきっといいことがあるんでしょうね。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記