2015年07月28日

Hさん、熱中症!?


昨日、Hさん宅訪問。

ピンポーン・・・・誰も出ない。

奥様に教えられている場所から合い鍵を取り、
玄関ドアを開けて中に入る。

「こんにちは〜・・・・」

暗い。

Hさんの寝室へ、そろりそろり。

暑い。
クーラーがかかっていない。


!?


なんだ!奥様!おられるじゃないの!!


ベッド足元のテレビにかじりついている。

「あのね、今、100万円分の宝くじがもらえるって。
 合言葉を発表するから、ってんで、待ってるの。」


上半身下着姿だ。


ベッド上に横たわるご主人のHさん。顔がギトギト。
腕に玉の汗。

「暑くないの?」

声をかけると、奥様がテレビに目をやったまま、

「寒いっていうのよ。昨日の晩なんか、“寒い寒い”と言うから、
 クーラー切って、お布団3枚かけてやったの。 
わたしはたまんないから、別の部屋でクーラーかけて寝たの。」


え〜〜〜〜〜っ!

それってヤバいでしょ。



体温計ると36.9℃。

背中や脇に風を通して熱を逃がす。

再度計っても37℃。

こりゃ単なるこもり熱じゃないな。
熱中症初期。


「Hさん、お水飲みましょ。クーラー入れましょ。」
「奥さん、Hさん汗でべちゃべちゃなんで、パジャマ着替えましょう。」

うんうんとうなづくHさん。

宝くじの合言葉も分って、結局、ハズレて、
あきらめのついた奥様、やっと動き出す。


すこ〜しずつ、ポカリスエットをすするHさん。
「ゲホっ、ゲホっ。」
むせるなあ・・・


う〜〜〜〜ん、奥様の介護力も考えると、

この調子じゃ、今年は入院か。


<追記>

以前、体育館のセミナーで、スポーツ専攻の教授から
「熱中症予防」の話を聞いたことがある。

・予防のためには、15分ごとに100ml(2口)くらいずつは、
 水分を摂ること。

・スポーツドリンクを半分くらいずつ薄めて飲むと良い。

・アミノ酸の入ったドリンクを飲もう。

夏場の弓道は体に悪いですよ〜。
道場はクーラーなんか無いし、
上は道着、下ははかまで、腰は帯で締め付け、さらに足袋も履いてますからね、

信じらんないでしょ?

けど、70歳の人もいっぱいいるけど、
救急車にお世話になった人はいないなあ〜。
みんな丈夫やわ(笑)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記