2015年04月23日

福祉機器に対する理解が介護される側、する側に無さ過ぎる現状。


なんかスッキリしない仕事の昨日であった。

調べものをしていたら、夜中の1時半(すでに今日)。

Kさんがリフトが嫌だってんで、
「わたしたちがやったげるわ!まかしとき!」と
ヘルパーさんたちは持ち上げる介護をしている。

とってもラクで、やってる人たちもヒョイとやってくれると言うが、
腕や脚、体がぶらんぶらんのKさん、今度いつ頸が脱力するか分からんのに、
いつまでそんな方法を続けるのか、危険きわまりない。

北欧の人が見たらびっくりするだろうな、
先進国と言われる日本でこんな体に負担の大きいことやってるのかって。

リフト使ってみたらいいのに。



福祉機器を使う達人になろうじゃないの、わたくし。

で、セミナー調べまくってたらさっきの時間。

業者さんの主催で、めっちゃ内容の濃いセミナーがあったので
申し込み、ON!

来月行って来ますわ(^^)v






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記