2015年04月11日

近頃のわたし


なんかこの頃、悟ったというか、こだわりがなくなったというか。

自分って、なんでこんなこと考えるんだろう、
なんでこんな行動するんだろう、

そんなこと考えてたら、
人のことを自分から離して考えるようになった。

何か言ってる、何か言われた、内容じゃなくて、
この人なんでこんなこと言うんだろうって、見てる。
ほかの人同士の会話を聞いててもね。

そうなると、やさしそうに声をかけるけど実はずっこいとか、
きついけど相手のこと思ってるな〜とか、
この人感情だけやん!とか、
気持ちの流れが見える。

それをどうとかしないよ、ただ(そっかー・・・)と思うだけ。
かかわっていくことはない。

そんなふうにたんたんと一日を 日々を過ごしてる。


以前は学術論文のような理学療法が1番で完全だと思っていたけど、
今はそういうのもアリ、自分のような泥クサイ理学療法もアリ、
全部が同じものじゃなくていいとも思えるようになった。

いろいろあるのが、「ふつう」じゃん。ねぇ?
相手が何を望んでいるかでしょう?



志茂田景樹さんがこんなことも書いておられた。

    失恋の特効薬は昔も今も自分の中にある。引きずってOKだ。
    当たり前なんだから。
    ただ引きずる以上は中途半端はよそうぜ。
    引きずって引きずって一生引きずる。棺桶の中へも持ってってやる。
    多くはね、引きずりたくないと思いながら引きずってる。
    これが中途半端って言うんだ。そんなのやめなよ。



こうでいいんだわ。

「忘れるのが一番」なんて、
誰が決めたか分からない既存の価値から離れれば。

離れてもちっとも怖いことなんて起こんない、

逆に、どんと来い!ってね、受け止められるようになるんだから。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記