2015年04月03日

「まれ」の方言がくすぐったいの。


今週から始まったNHK朝ドラ「まれ」。

能登半島が舞台でありまして、能登弁 出まくり。

わたくし、石川県は加賀生まれ。わたしの義姉、能登出身。

(そうそう、そんな感じに 言う言うー。)

ニヤニヤしながら見てます(笑)

能登弁、ちょ〜っと加賀のとは違うんですよねー。

時々、能登と加賀、共通方言が出てきますが、

(うん?そこちょっと違うげんな〜。)← すでに方言。

と、ツッコミながら見ています(笑)


「まれ」の弟役の子どもさんが一番自然で上手。
地元の子役さん?



方言が出るたびになんだかくすぐったい気分になります。



<追記>

“だら”とは、あほ、バカ、という意味です。

「だら!」、「だらなことしたあ〜」。「だらなやっちゃな〜。」・・・

って感じで使います。
慣れてない人は、あほとかバカとか言われるより、きつく感じるみたいね。

まれたちが居候している家のご主人役は、田中泯さん。
独特な世界をかもしだすダンサーです。
塩田に海水を巻く時のちらりと見える脚、筋肉のすじがかっこいい!

お母さん役は常盤貴子さん。ひさびさに見れて嬉しい(^^)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記