2015年02月08日

昨日のテーマは「膝痛」


昨晩は痛み治療のセミナー。

毎月二日間、無料で復習させていただいているもの。

昨日のテーマは膝痛。

膝の診かたと治療の実技練習。

復習受講といっても講師の先生が違うので、毎回新鮮。
前の先生は感覚的。今の先生は細か〜いところまでキッチリ。
まるで違うことを習っているみたいな感じがします。

今回も患者さんにお役に立てる情報が満載でした。


まず一日目、

おもしろかったあ〜。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月07日

老後のお手本。


昨日のYさん、「痛い。」「重い。」・・・連発。

もうすぐ88歳。
いつもはそんな年には見えんくらいテンポいいのに、
昨日はどうした?

いろいろ話を聞いてみると、どうやら 寒さ負け・・・みたい。

はよ、あったかなってもらわないと困ります^_^;


5つ下のHさんは、めちゃ笑顔でした。

がんばりやさんです。

先週やった運動でできなかったことが、すべてクリア!

1週間、午前、午後と練習したそうです。

やっぱ、週1回の運動よりも 頻回に自分でこまめに体を動かす方が
断然効果がありますね。


お年寄りを見ては、自分の老後を考える。
いろいろと勉強になりますわ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月06日

「深夜食堂」と「悼む人」


テレビでCM拝見、「深夜食堂」の映画ができたのぉー!?

昨年10月、テレビで見まくったドラマ。

強面店主の食堂。やってくる客。

そこでは客からの要望で料理を作る。

時にからあげ、煮こごり、肉じゃが、白菜のつけもの・・・・

注文する品には、それぞれにエピソードがある。


あー!「深夜食堂3」がアップされてる!

映画も気になるが、まずはこれだあー。

「深夜食堂3」



そしてもう一つ、気になる映画。「悼む人」



高良健吾さん主演。もう高良さん、キラッキラですよ。
石田ゆり子さん、泣かせてくれます〜。うっ。
新(あらた)さんも出てはる〜!

天童荒太氏の第140回直木賞受賞作ですってね。
まだ読んでないわー。



このところの日本映画、スゴイと思う。

映画という数時間に、
ここまで心の奥に入り込む描写ができてるってのは、
日本映画ならでは、世界最高ですよ。


よし!
ぼろっぼろに泣きに行こう。

見に行こう。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月05日

虚無感


昨日初めてお会いしたNさん。

「手とか足がカチカチに固まってるねん。
 伸びるかどうか診てくれへん?」

看護師からの依頼である。


お宅に伺うと、まっ白な柴のわんちゃん、
ワンワン!と大歓迎(?)

ベッドに横たわるNさんの上にピョン!

踏みまくってるやん!

Nさんはなるがまま。
パーキンソン病が進行し、目をかっ開いたまま仰向け、
手足は幽霊のように体の前で固まっている。

口周りや歯に黄色い食べカスがびっしりへばりついている。
大きな目はまばたきをしないため涙がこぼれベトベト。

看護師が言うには、Nさん自身が、あれは嫌だ、これは嫌だと
サービスを断ったから手を引いたのだという。


手指はゆっくりやれば伸びる。
それよりも、首だ。
後屈し固まっている。肩が後ろに反り、胸郭がカチカチ。

「痛くないですか?」

「う。」

確認しながら全身調整。


「いつもより穏やかな顔になってた!」と同伴の看護師が言う。
けれど、気ままな家だから、その日は良くても別の日は
門前払いされるかも知れないとのことだ。



体を楽にするのは簡単。

なんといっても難しいのは、
個々の考え方にこちらの考えをちょっとプラスしてもらうこと。

在宅介護、サービス側も相当のエネルギーが必要なのだ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月04日

ひさびさにキツイ腰痛。4


この数日は腰痛に始まり、腰痛に終わっている。

いつもこんな腰痛を抱えている人は、
1日の半分以上の時間を「腰痛」のことで頭を巡らせているのか!

なんというもったいないこと!


座っていても、立っていても、長い時間は困難。

左の腰の炎症がじわじわと腰を締めつけてくる。

今も画面を見つつ、左に右に体をよじらせながら、キーを打つ。


順調に回復してきているようだ。

パンツも靴下も楽に履けるようになった。

早歩きだってできる。



ああ・・・また勉強になった。

腰痛も人それぞれなのである。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記