2015年01月24日

おばあちゃんになったら・・・目標の人


昨日お会いしたYさんは、3月に88歳になられる一人暮らしの女性です。

10年前に肺ガンになって片肺切除、今も抗ガン剤を飲んでます。

黄斑変性症が進行し、顔を10センチくらい近づけないと見えません。

だんなさんも息子さんも亡くし、月一回お孫さんが来て、
ガンの定期検診のため医大まで車で送ってくれます。

眼科や内科は近くの医院へ歩行車を押して一人で行きます。

膝の痛みがひどくなって整形外科に通院するのが苦痛になり、
わたしが訪問することになりました。


Yさん、すっごく明るいの。
話しててもテンポがいいの。

「Yさん、若いわ〜。もうすぐ90だなんて見えない!
 わたし、90になられるまで来るわ。見たいの。」

「そうか?ガンになった時85までがんばろうって思ってん。
 そしたらもうすぐ88。90までがんばろか?」


会うと冗談言い合ってね、訪問時間は40分間なのに
喋ってるだけで20分経っちゃう。

「まあええやん。あと20分でやれば。」
Yさん、サバサバしてます。


訪問先の方はたいていみなさん、前向きなわたしの言葉に否定的な答え。
Yさんよりも10歳も若くて、障害も軽い人で、
あっち痛い、こっち痛い・・・って寝てばっかりの人もいる。

「そんなん言っとたってしゃーないやん。
 言っても変わるもんでも無し。」

(ああ わたしもこういう人になりたいなあ〜・・・・)

って、思います(^^)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記