2015年01月22日

まれにみる本当にいい番組でした。


昨日時間がなくてアップできなかったんですけどね、

20日の晩にすっごいいい番組やってました。

NHKの「ハートネットTV」っていうの。

自閉症の息子さんと歩んだ日々をつづったサイト
「そよ風の手紙」の新保浩さんと、
息子さん、周囲の人々とのドキュメント。

息子さんは息子さんなりに自分の感情をなんとかしようと苦しみ、
がんばっているのがすごく伝わってきたわ〜。

そして父の神保さんがあたたかい心で待ってあげる。
そうすると息子さんはやがてちゃんと自分で答えを出す。
映像から息子さんの感情の変化がはっきりと見えました。

息子さんだけじゃなく、ほかの子どもたちも
どんどんいい方向に変わっていってました。
そしてかかわる周囲の人々も。


涙;涙;の感動だけで終わる番組ではありません。

テレビにはツッコミを入れながら見るわたしですが、
この番組だけは ぐぅの音も出ませんでした。


本当に大事なものってこういうこと?

さわやかなあったかい気持ちになっていました。


ダイジェスト版(番組を文章化したもの)が見れます。
君と歩む道 ―シングルファーザーと自閉症児の20年―


再放送もあります。
1月27日午後1時5分からです。

昨年放送されて、さらに今回アンコール放送となった番組です。

本当にいい番組です。

お出かけの方はビデオに撮ってでも、ぜひ、見てください。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記