2015年01月31日

老後の準備


こういう仕事をしていると、
いろいろと自分の老後を考えます。

看護師さんたちが詰所で利用者さんについてぼやくのを聞ききながら、
(ああわたしは年取ったら○○しよう・・・・)と、ひそかに決断するのであります。

だって、嫌われたくないもん。

自分は大丈夫、って思って、気がついたら体が動かん、
でも自分の思うようにしたい、我を通す、って人が多いです。

さっさと身の振り方を決め準備しとく、
わたしはそうしようと決めてます。


「あたしら絶対、嫌な利用者(患者)になるよねー。」(笑)
「あんた頼んないから担当替わって!とか言うんやろな。」(笑)

と、K看護師さんとわたし。

あはー、わがままオババになりそうです(^^ゞ


わがままばあさんでいようと思ったら、お金貯めとかな、ってことになります。
ある程度サービスを選べるようになるからです。

わたしが担当している一人暮らし、89歳のYさんもおっしゃってました。

「くよくよぐだぐだ言いながら生きとったって自分がつまらんだけ。
 頼りにする者ったって、この年になったら周りは死んでいって誰もおらん。
 お金、大事やで〜。」


がんばろ。

・・・って、あたし、何歳まで生きるつもりなんや!




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月30日

「羊たちの沈黙」やっぱりおもしろい!


先週録った映画を見ました。

もう20年以上前の作品になりますか。

「羊たちの沈黙」

今回は3回目でしたが、何回見てもおもしろいです。


狂気的な殺人を犯すレクター博士、
普通なら怖いはずなのに、わたしにはなぜかやさしく魅力的に映る。

キリリとした顔立ち、なんて美しい・・・。
ジョディ・フォスターさん。

ジョディさん演じるクラリスとアンソニー・ホプキンス氏演じるレクター博士が
初めて顔を合わすときのレクター博士の立ち姿。
スッと伸びた背筋、斜の構え、
レクター博士の頭の良さが一番に伝わる場面。


クラリスとレクター博士のブルーの目が画面いっぱいに映る場面は
吸い込まれそうだ。
言葉でない世界での意志のやりとりがうかがわれる。


後半、最後の別れ際、クラリスの指をスッとなぞるレクター博士。
ドキッ!

ああすてき。。。。


あ!これはレクター博士の催眠術!?


見た者はやられる。



また見てしまうに違いありません。。。








posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月29日

吉野弘さんの詩


NHKの番組で読まれていました。

途中から聞いたわたしは、ドキッとしました。
ああそうだな・・・と思いました。
わたしはわたしでいいんだな・・・とも思いました。
ちょっと自信が湧きました。

題名は後で知りました。
結婚する二人に向けて贈られた詩なんですね。

夫婦に限らず、人間関係全般に当てはまる気がします。


  正しいことを言うときは
  少しひかえめにするほうがいい
  正しいことを言うときは
  相手を傷つけやすいものだと
  気付いているほうがいい


わたしはここが一番印象に残りました。

あなたはいかがでしょう?



  祝婚歌 

  二人が睦まじくいるためには
  愚かでいるほうがいい
  立派すぎないほうがいい
  立派すぎることは
  長持ちしないことだと気付いているほうがいい

  完璧をめざさないほうがいい
  完璧なんて不自然なことだと
  うそぶいているほうがいい

  二人のうちどちらかが
  ふざけているほうがいい
  ずっこけているほうがいい

  互いに非難することがあっても
  非難できる資格が自分にあったかどうか
  あとで疑わしくなるほうがいい

  正しいことを言うときは
  少しひかえめにするほうがいい
  正しいことを言うときは
  相手を傷つけやすいものだと
  気付いているほうがいい

  立派でありたいとか
  正しくありたいとかいう
  無理な緊張には
  色目を使わず
  ゆったり ゆたかに
  光を浴びているほうがいい

  健康で 風に吹かれながら
  生きていることのなつかしさに
  ふと胸が熱くなる
  そんな日があってもいい

  そして
  なぜ胸が熱くなるのか
  黙っていても
  二人にはわかるのであってほしい





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月28日

箱の中身


想像以上に デカイ箱 で届いた。

amazon1


Open!

amazon2


なんともさみしい限り。。。


amazonさんの箱って余分におっきくね?



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月27日

えびす焼


陶器市の続きがまだあります。

帰り、神社と駅の間にもう一つ寄り道しました。

 ここ ↓

えびす焼1


何年か前にも載せましたっけね、
前回は5メートルくらいの列ができてましたが、
24日の土曜日は誰もおらず、ひょい!と買えました。

焼いていたのは女性で、
だんなさんらしいサラリーマン風のおじさんが
「お持ち帰りですか?」と丁寧に包んでくださいました。

えびす焼2


この包み紙がいいんですよ〜(^^)
老舗なんです。

大きさはこんくらい。普通の回転焼よりも小ぶり。

えびす焼3


皮はのびるのびる〜、もっちりです。

えびす焼4


あんこは 甘い です。たっぷり砂糖が入ってます。


1個100円。

駅前の御座候が85円ですからちょっと高め、
けど、
「昔ながらのあんこ」ファンにとってはたまらんと思いますよ〜。


地図



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記