2014年12月21日

久しぶりなのに上手くなってる!?


あた、

あた、あたた・・・

筋肉痛です。太もも前面。

昨日、6か月?7か月?ぶりに弓を引きに行ったんです。

引く時、脚、踏ん張るんですね、膝ピーンと伸ばして。


引く感覚はまったく衰えてないです。
えらいもんですね、人間の学習能力って。

そういえば、高校の時からずっとやってなくて
何十年ぶりかに再開したときだって、フツーに引いてたっけ。


たまに行くと、

的に顔を向けて、あれ?

脚を踏ん張って、あれ?

腰伸ばして、あれ?

違和感が。

首が左向きにくい、膝伸ばしきれず、腰力入んない・・・
体のチェックができる!(笑)


でも、
しょっちゅう練習に行ってた時は疲れが蓄積してたのかな?
今の方がいい感じ。

引いてなかったのに、上手くなってる気がするって不思議(^^)v



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月20日

わたしの声が聞き取りやすい人


わたしの声、低いんです。

のどの奥を締めて一段高めに出そうと思えば出ますが、
意識せずに普通に出すとトーンが低いんです。
男の人の太い声ともまた違います。

実はこれ、コンプレックス(-_-;)
かわいくないんだもの。


昨日、Kさんと初めてお会いしたんですね、
事前にほかのスタッフから、

「耳元で大きな声で話さないと聞こえないよ。重度の難聴やよ。」

と、聞いて行ったんです。



お家のチャイムをピンポーン・・・・誰も出てきません。

Kさん本人は歩けないので、妹さんが出てくるはず。
けれど、なかなかドアが開かない。

留守の時はスペアキーで入ってくださいと言われている。

(いいのかしら?初めてなのに本当に入っても。
 でも仕事して帰らな。)


「こんにちは〜・・・・」

Kさん、階段から落ちたって言ってはったな。
お部屋は2階?

玄関入って正面、階段をそろりそろりと上がる。

初めてのお家、どこに何があるかも分からないまま入るって、
なんとも変な気分。。。


(寝室はどこだ?)

それらしい部屋を見つけ、コンコン!ガチャリ。

お布団をこっぽリかぶり顔だけ出したKさん、みっけ! 

「失礼します〜。はじめまして、○○のリハビリ担当の△△です。」

「うんうん・・・」とKさん。

(よかったあ〜、ご本人さんだ。)

その後、体調チェック、脚を上げてもらったり、寝返ったり、起きてもらったり。




帰ってからスタッフに、

「どうやった〜?耳、遠かったやろ〜?」

と訊かれ、

(あれ?)

普通に会話してた、あたし(^^ゞ


耳元でなんか話してないし、大きな声も出してないし。
普通、普通。



どうやらおとしよりにはいいみたい。

コンプレックスのあたしの声。



<追記>

帰り際、妹さんにメモを残そうと鞄をまさぐっていたら、
上の方からテレビの声が聞こえました。
音を頼りに3階へ。

うたた寝をしている妹さん発見!

「すみません・・・・」ドアの隙間からそっと声をかけると、

妹さん気づき、「あ!ゴメンゴメン!」


なんともフレンドリーな妹さんで助かりました。

普通、初対面の人だったら「あんた誰?」って、疑われますよね(^^ゞ

知らない家に入れてしまうのも、不思議な気分。。。

仕事ならでは、ですわ。






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月19日

他部門、合同忘年会。


昨日は職場の忘年会でした。

開所以来初めての、
ケアマネジャー部門と訪問看護部門との合同忘年会でありました。

お皿の裏に「乾杯」のシールが貼ってある方、
「乾杯」の音頭をお願いしますと言われ、

うちのテーブル、皆、皿を持ち上げ、底を覗きこみましたが、該当者なし。
雑談をしていましたら、
コップの裏に書いてあるはずなんだけど誰もいないようなので・・・」と聞こえ、

何だ、コップの裏かい!

と、皆、改めてコップを覗き込むと、

あら!?あたし?

人生初の「乾杯」の音頭を取ることに。

向かいの係長に「なんて言えばいいんですか?」と訊くと、
「お疲れ様、でいいんじゃない?」と言われたので
その通りやったら・・・

こけました(笑)

今から思えば、
「記念すべき第一回合同忘年会、大いに飲んでください!」
とでも、一言加えておけばよかったんじゃないかと思いますが(^^ゞ

あれはどう考えても、ウーロン茶を飲むのはわたしと幹事のKだけなので、
ハメられたわけでありまして、

こらあ!ちょっとだけでも事前に言っとけー。

と、ちらっと思いましたが、

今度からは、ボヤ〜っと参加するのでなく、
いつ何時、自分に何がふりかかろうと、

気がきいた対処ができるように芸を磨いておこう!と、
決心したあかねでありました。

( ↑ 関西に移住して数十年、いつのまにか笑いを取ることに情熱を燃やしてる。笑)



<追記>

ハチャメチャです(笑)

終わってお店の外に出たときにケアマネ部門の係長が言ってました。

「今まで、訪看(ほうかん・訪問看護の略)さんって、
 怖いというイメージがあったー。
 でも、違うんやね。力合わせてがんばってかんとねー。」

って。

ぜ〜んぜん、ですよ、

むしろ、ケアマネさんがいないとうち、仕事回ってきませんし、
プログラム組んでもらわないと仕事できませんから(^^)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月18日

ヘアドネーション(髪を寄付)


昨日の「あさイチ」の情報です。
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2014/12/17/01.html
(下の方の記事)


病気やケガを理由に髪の毛を失った子どもたちのために、
無償でウィッグを提供しているNPO法人があるのです。

そっかー、こういう活動があったなんて知らんかったー。

もっと早く知ってれば、寄付してたー。


これからは、白髪も混じってきたし、くせっ毛だし、

もう寄付は無理かなぁ〜と思ったけど、

・長さ31センチ以上
・白髪やくせ毛でもOK
・切ってから時間のたった髪の毛でもOK


ですって。



これは!と思われた方、

連絡先は ↓
NPO法人「Japan Hair Donation & Charity」
 JHDAC(ジャーダック)

ホームページ:http://jhdac.org/

です(^^)




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年12月17日

二十歳(はたち)のママ、Sちゃん。


昨日乳児健診でSちゃんに会った。
小学生の時から知ってる子。

Sちゃん、二十歳でママになった。

赤ちゃん、男の子。体重、身長、バランス良く育ってる。
ほっとした。


Sちゃんち、実は複雑。お母さんに会ったら
声をかけてもスッとかわすような人。
Sちゃんが小学生の時、じっと座ってなくて教室内をウロウロ。
お母さんはそれを見て、な〜んも言わんかった人。

中学生の時は、口うるさい親戚のおじさんが来る・・・
と言って、友だちの家を転々としていたSちゃん。

ちゃんとごはん食べてるんだろうか、お風呂や洗濯はどうしているのか・・・
人づてに聞いて心配してた。


昨日会って話したら、めっちゃ赤ちゃん、かわいいって。
にっこにこしてた。


お母さんが最近離婚してSちゃんと一緒に住んでいるそう。
Sちゃん自身は未婚の母。夜間に高校に通う。


母は強し!  や。

これからはいい大人に会わなあかん。
ちゃんと助けられる大人がいてあげなあかん。

保健師さんたちも助けてくれる。

その力はすごく大きい。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記