2014年11月15日

新パソコンについていけない。


新しいパソコンは、静かだわ。

PCサポートのおにいさんに、

「動かなくなる前兆無かったですか?・・・・?
 音が大きくなるとか?・・・とか?」

って聞かれたとき、

「全然、無かったです。突然でした。」

そう答えたけど、こうして別のパソコンを使ってみると、
クリックするたびにウィ〜ン、ウィ〜ン言ってたのが前兆だったのかな?と思う。

今、本体を足元に置いて、画面は2台前の15.6インチのアナログモニターにつないでる。
(小さい画面のほうが目がラク。幸いジャックがデジタル用とアナログ用と二つあった。)

せっかくピカピカ画面じゃないノングレアのが届いたのだから、
2画面並列して作業するようなことがあったら、使おう!
はて、それはいつか?


初めは小おどりして喜んだが、Windows Proにしろ、大画面にしろ、
宝の持ちぐされだなあ・・・・と、4日目に気づく。






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月14日

新品パソコン無料のいきさつ(昨日の続き)


新しいパソコン、ネットもつないでメールもOK!
Officeも入れたし、

やっと使えるぅ〜。


しっかし、修理に出して、新品とは!

正直、ここまで保証してもらえるとは思いませんでした。


事の次第はこうです。

ひと月ほど前、あと8か月ほど保証期間が残っていたのを知り、
電気屋さんに持って行きました。

そこでいろいろ説明があって、
もし、修理費が保証金額(購入金額)よりも超えた場合、
超えた分は自費でお願いします
、と言われたのです。

そこは事前に保証書をすみからすみまで読み込んでいたわたくし、
(あれっ?)と思い、ここにこう書いてあると主張 ↓

保証書


受付のおにいさん、扇風機や洗濯機の例を出して説明していましたが、
(まあそれは上限超えたなら、改めて交渉しよう。)と思い、聞き流す。


1週間して、おにいさんから電話あり。

電源、マザーボード、ハードディスクの故障。

提示された金額から保証金額を引き、ざっと頭で計算すると、
6千円ほどの自費となる。

けどこれ、
ここにも書いてあるしなあ・・・↓

保証書2

どう見ても素直に解釈すると、
上限超えたら代替品をいただいて保証は切れる、となるよね?

その気持ちを伝えると、最終的におにいさん、「分かりました。」と。
本部と連絡を取りますと。


そして3日後、
「代替品をご用意し、交換となりました。」との電話。
機種名とスペックの説明、さっそく発注するとのこと。

    ひえ〜〜〜、ほんとに交換になっちゃった!!
                (@_@;)
 

これ、正直な気持ち。。。(^^ゞ



そのあと機種名をネット検索。
な、なんとそれは、オフィス用!?

ネットにもあんまり載ってなくて、一般には販売してない。
会社とかに設置するやつみたい。。。

それにしてもあまりにスペックがいいので、

(もしかして、中古?
 なにしろ5年近く前の機種の同等品との交換ってのが条件。
 勝手に新品と思い込んだらアカンよな、うん。。。)

・・・と、だんだん不安になってくる。。。


そして、昨日のブログ!ですよ!

いや〜、もう、担当のおにいさん(Iさん)には脱帽。
すっごい手間かかったと思う。

「Iさん、どうやってやりはったんですか!?」
と聞くと、
「こんな例は今まで無かったので関係書類を読みまくりました。」(^^ゞ
と。

近くにいたデータ完全消去をお願いしたメーカーさんにも、

「良かったですねー。2倍くらい性能アップしたやつですよ。」

と言われ、Iさんには頭下げまくりのわたし。

「もうそんな・・・」(^^ゞ

とIさん、照れてました。



・・・というわけで、4年と4か月、わたしと時間を共に過ごした
フロンティアの白いパソコンとはお別れ、ちょっとさびしかったけど(:_;)

目の前には黒いキーボード(初めて!)が跳ねてます。


<追記>

ほんとは6千円で電源、マザーボード、ハードディスクを修理してもらえるなら
いいかな?とも思ったの。
でも、保証書の第4条の書かれた意義を通したかった。
単なるクレーマーですかね(^^ゞ

データ?データはすでに数週間前に連日ブログに書いたように、
ハードディスクを取り出し、移行したあと消去済みで電気屋さんに持っていってます。

今回はまるまる交換、付属品も一式電気屋さんに渡すのが条件なので
ハードディスクだけくださいも言えないでしょ。

表上はデータが無いように見えますが、ちょちょっとしたソフトで
復活ができるため、本文に書いたように電気屋さんと提携している
専門メーカーさんに完全消去をお願いしました。

それにかかる費用、5千円。
(抹消ソフトもありますが4千円ほどするし、時間も相当かかります。)

これは安い値段です。
(普通、メーカーに頼むとパソコンからハードを外すだけでもお金がかかる。)

結局、自費修理分6千円を出さない代わりに新品のパソコンが来て、
5千円出してデータ完全消去、金額的には同じくらいの出費。
けど、どんだけたくさんのことを得られたか。

知識も増えたし、なによりも電気屋さんのおにいさん、
Iさんの心意気が嬉しかったなあ〜(^^)








posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月13日

パソコンが来たーッ!


それがえらいことに!!


9月27日に動かなくなって、
28日〜30日にHDD取り出してデータ移行、
それから忙しくてなかなか修理に出せなくて、
10月の2週目頃に電気屋さんに持ってって、

それからいろいろあって

その間、Vistaのノートパソコン使ってて、1か月半、

やっとやっと、デスクトップがわが手に!・・・泣。


そして、そして、それは、な、なんと!

新パソコン1

               新!ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


わあ〜(@_@)


新パソコン2


わあ〜(@_@)


新パソコン3


わあ〜(@_@)
 

新パソコン4


わあ〜(@_@)


新パソコン5

USB端子が8個も!3.0が二つ!

画面も19型から21.5型へ。

新パソコン6


おまけに

Windowsは、 professional !! 


(明日に続く。なんでこうなってしまったのかも書きます。)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月12日

干物女(ひものおんな)でいたい。


ケーブルテレビ、メガパックキャンペーンに、
それとなく入らされたあたくし、

邦画、見たいのをほとんど見終わった(ただし5年以上前のものばかり)ので、
次はテレビドラマシリーズに突入。

ただいま「ホタルノヒカリ2」を見とります。

「ホタルノヒカリ」← 1 を見ずに 2 から見たことになりますな。

ま、いっか。


しかし、しかしですよ、やっぱ 1 も見てみるかという気にもなりますね。
で、昨日ネットを探しましたら、なんだ、YOU TUBE にすでにアップされてましたよ。

で、お布団にゴロゴロしながら1の1話を見てから寝ました。
(こういうとき、ノートパソコンは便利だ。)

最初って、妄想の部分が少なくて変顔も無かったんですね。
2の方がパワーアップしてておもしろい・・・。

綾瀬はるかちゃん、ちょっと垂れ目のとこがキュート。
あんな目で見つめられたら・・・声もいい。


あ〜あ、あたしも干物女でいたいなあ〜。

・・・まあ、今もそれに近いか。。。(笑)



<追記>

早く、デスクトップパソコン、来ないかな。
作業ができない。
こうなったら、来るまでだらだらしよう。。。そうしよう。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月11日

ひゃあ!まちがえた!


昨日、S施設(老人施設)に行ったら、先日お会いしたIさんが、
「こんにちは〜。」と、にっこり。

あは、あは、あはは。。。「こんにちは。」^^;

なんと申してよいのやら。



先週、車椅子を押すIさんを(新しいスタッフだ!)と思い込んで
わたしは自己紹介したのです。
ちゃんとしなきゃ!と、いつもより念入りに。
所属から何曜日に誰のところに来て、今日は誰のところに行くのか、まで。



用事を済ませエレベーターに乗ると、後ろからIさんが乗ってきました。
「あ、先ほどは」話が弾むわたくしたち。

エレベーターが開くと、Iさんは「先生の指示があるとリハビリしてもらえるのね。」と言い、
お辞儀をしながら降りて行きました。


あれ????

なんか変だぞ?



Iさんの後姿を目で追うわたし。

玄関の扉が開き、前に止めてあった車に乗るIさん。

エンジンかけ、スーーーーー・・・・・



ひゃあ!スタッフじゃなかった!!

あたし、関係ないご家族さんに自己紹介しちゃったよ!!
がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)




わたくしは、施設入所中の母親の車椅子を押す家族に
担当でもないのに一生懸命自己紹介してしまったのでした。


それって、めっちゃ営業してはるやん!

って、打ち明けたケアマネ、大爆笑。



<追記>

それだけIさんが施設の雰囲気になじんでたんですってば!

(^^ゞ




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記