2014年10月04日

パソコン壊れた!「自分でデータ移行しよう!完了編」


変換アダプタが届いた。

これがあれば、壊れたパソコンからはずしたHDDと別のパソコンをつなぎ、
データ移行ができる。

SATAケーブル1


中身はこんな感じ。シンプルだ。

SATAケーブル2


今回はIDEとSATA両方使えるものを購入。
IDEとSATA、どちらか一方ずつのもあるが、
今回amazonではこれが送料込みで一番安かった。

ちなみにIDEはHDDのコネクタがピンのものに対応、
SATAはピンのないソケットになっているもの。
最近はSATAがメインだそう。
そういえば2002年に買ったデスクトップのHDDはピンだったな。

今回のわたしのもSATA式だった。

SATAケーブル4



つないでみると・・・

SATAケーブル3


こうして、画面を見ながら中身の移行も消去もできる。

簡単に言えば、USBスティックや外付けHDDにつないだと同じ。

パソコンにいったん保存しなくても、別のUSB端子にハードをつないでおけば、
そこにじかに移行できる。なんて便利な代物なんだ!


気になっていた住所録もあった!あった!

この作業、やってるうちにどんどんおもしろくなる!



最後にHDD内のデータ消去し、作業終了。

これでデータ流出を気にせず、修理に出せる。

(^_^)v


(最終編、あしたに続く。)



<追記>

今回の変換アダプタ情報。

メーカー:GREEN HOUSE 
IDE/SATA USB2.0変換アダプタ
2.5インチHD/3.5インチHD 対応
GH-USHD-IDESA

amazonにて税込み、送料込み 1,799円。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記