2014年10月21日

若手職員さんに教えられる。


昨日、老人施設で仕事がありました。

用事を済ませてエレベーター前に行くと施設職員のSさんとバッタリ。

Sさんはわたしがリハビリ担当しているMさんの日常のお世話をしてくださってます。

二人でMさんの話をしながらエレベーターに乗り込みました。

「3階に着いたら、Mさんのファイル、お渡ししてもよろしいですか?」

へ!?
驚きました。


わたしは仕事を終えると、その日のMさんの状態をMさんの情報ファイルに毎回記入して帰るのです。
いつも3階で、「ファイルお借りしたいのですが。」と、居合わせた職員さんにお願いするのです。

だから、「ファイル渡しますね。」で、いいんです。

それをSさんは、「〜していいですか?」と、
わたしの気持ちを尊重して尋ねてくださったのです。

感動しましたよ。
えらいですね〜、Sさん、まだ20代前半ですよ。
こんなね、へりくだった言葉遣い、あたしゃ若いときはもちろん、
今でも使ったこともないし、だいたい思いつきもしませんよ。

思わずSさんをほめましたが、本当は人をほめるようなお手本を見せたこともないのに、
えらそうな!(笑)

自分の今までの周囲の人に対するふてぶてしさを思い起こし、
かわいがられないのも当然、失礼なことをいっぱいしてきたなあ〜・・・
と、反省した一日でした。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月20日

散歩コース


夕日

休みの夕方は散歩。

汗ばむくらいの速さで歩くの。

ちょっと足を止めてね、撮影タイム。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月19日

日本映画につかる。


台風が過ぎてから、朝晩、めちゃくちゃ冷えます。

家の中ではもうフリース着てますよ。


さて昨日は「八日目の蝉」(セミの字はネット仕様漢字)と
「しあわせのパン」を見ました。

ご存知の方も多々おられるかと思いますが、
どちらも日本映画、それも重い。(笑)

まあこの重いとされる感情を細やかに表現するのも日本映画ならでは。
そしてそれを受け止められるのも日本人ならでは。

最後にはハリウッド映画のように派手さは無いものの、
ほっと心温まるけだるい充足感。
これまた日本人のわびさび
枯渇するとたまらない飢餓感に襲われるもの。

・・・な〜んて(^^ゞ
4歳の頃から、「ミイラ先生」とか「おろち」、「のろいの館」・・・を読み、
楳図かずお氏のマンガの最後のホロリにやられちゃってましたから、
それ引きずってるんでしょう。(最近のホラー映画は×。中身が無い。)


「八日目の蝉」は角田光代さんの作品を元にしたもの。
(わたしの好きな作家です。)
誘拐犯の女性と主人公の女性の過去と現在を交互に映してますが、
それがまったく無理がないところはすごいと思いました。
これは過去のこと、これは現在のことと考えずにスッと見れる、
監督?編集者?さんの力量でしょうか。

「しあわせのパン」は北海道の知られざる魅力を伝えたい、ということで
立ち上がった映画だそう。確かに春夏秋冬、きれいな風景がいっぱい見れました。
原田知世さんの前髪重めのショートスタイルが素敵。
上映当時、TV出演されていたとき、ちょっとびっくり、新鮮でしたね。
北海道といえば大泉洋さんですが、他の番組でのにぎやかなイメージが強すぎて、
この作品では物足りないような。大泉さんでなくても・・・という気もしました。



で、

余貴美子さん、

たまたま選んだんですよ、この二つの映画。
そしたら、両方ともに出ておられました!
(思わず吹き出した。)

ひっぱりだこですね!


八日目の蝉 しあわせのパン 余貴美子さん





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月18日

今年の読書の秋はマンガ。


SちゃんのママとSちゃんのこれからのことを話していたのが
先週金曜、11日。
Sちゃんが亡くなったのが13日。

ママが言ってたんだよね、「(Sちゃんの)体の変形をこれ以上進めたくないから、
運動させるんだけど、うまくできない。リハビリの回数を増やしたいな。」とか、
「ちょっとのことで動じない、たくましく育てなな。」とか。

なんとかSちゃんが良くなるようにみんなでサポートして行こう!って、
言葉には出さんかったけど、すごいエネルギーやった。

Sちゃんを担当して、半年間、わたし、
自分で言うのもなんだけど、めっちゃ勉強した。

悩んだ。

調べまくった。

頭が興奮して眠れん。このままだと頭がパンクする!と思って、
気晴らしもやった。



すでにアップした「西郷隆盛」「諸葛孔明」「項羽と劉邦」「チンギスハーン」
に続き、↓

まんが
(項羽と劉邦、別バージョン。中はもちろん、マンガ。
 横山光輝氏よりも手塚治虫氏のマンガは相当展開が速くてくだけている。)

これらを数ページずつ読んでから寝てた。


いつのまにかやめられない習慣になってしまった。

本棚、物色。

次は「ブラック・ジャック」を読むか。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月17日

10月のあさがお


14.10.16あさがお.JPG


ちっちゃくてかわいい^^



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記