2014年09月03日

漫画文庫「西郷隆盛」を読み終えて。


西郷さんって実戦に出て人をあやめるという人では無かったのですねー。

戦わずして勝つ。

勘兵衛さんに似たような。

それなのに最後は実戦に出ました。


薩摩を中心に若者たちの暴走、止めるのも 時すでに「遅し」。

長年の経験から西郷さんから見れば、勝ち目のない戦であることは承知、

若いもんだけ死なすわけにいかず、

死ぬために陣頭を取った。


大きな視野でいつも国の将来を考えていた人。

足並みそろえて国造りをするためには、

くすぶり続ける政府への反発の同士らを沈めなくてはいけない。

自分が最後、若者たちの大義を背負って戦い、死ねば

けじめがつく

火の子が消える・・・。



150年ほど前、

この国の将来のために たくさんの人が

若くして命を落としました。



本日、内閣改造、自民党新役員 発表。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記