2014年08月27日

Fさんからクレーム


昨日午後6時前、

プルルルル・・・・事務所のK看護師から電話。

「Fさん(88歳)が怒って・・・と言うか、不満そうに電話して来られました。」

へ!?

なんだ、なんだ!?

そう言えばおとといメモがロッカーに貼ってあったんだ。

“Fさんからお電話あり。
 リハビリの後、しんどかったので、ペースダウンしてください・・・
 とのことでした。”


(え?ほとんど動いてないのに?あれだけで?
 いつもより7分目くらいにしたのに?
 そっかあ〜、じゃ、次回はFさんとプログラムを見直して
 姿勢チェックをメインとしようか・・・・?)

・・・これで終わらせたのがマズかったみたい。


K看護師の電話の後にFさんにすぐ電話。

「いやあー、あのあと触ってもらったところが全部痛くなって。
 あのあと電話したんだけど、
 いつ電話してくれるか待ってたんだけど、
 土曜日曜で休みが続いて、待っても電話来ないし、
 そうこうしているうち、昨日(月曜日)発作が起きて。
 
 家内が救急車呼ぼうかと言ったんだけど、
 これくらいならもうちょっと様子見るって言って。

 あの日、しんどいって先に言ったのに・・・
 ついだらだら流されてリハビリしちゃって。
 いや、僕もつい調子に乗ったのが悪かったんだけど。
 ・・・・(中略)・・・

 あとはケアマネさんと相談します。
 ありがとう。」



へっ!「ありがとう」?

Fさん、喋るだけ喋ったら最後に「ありがとう」と。

わたしはひたすら平身低頭 謝るのみでした。


実はFさん、ドクターショッピング、リハビリショッピング、
福祉機器業者にはクレーマー、
若い時に交通事故にあってから次々と体の調子が崩れたという方。
確かに身体的にも疾患があるのですが、検査データでは異常が無いのです。


難しいです。

精神的に不安や不満が湧き起こると、心臓発作まで起こしてしまわれます。

これでわたしはお会いすることがもう無いと思いましたが、
今朝の電話で、最終的にはケアマネさんに、

「今回のことは社内の方々に言わないでください。
 ボクが調子に乗ってやりすぎたんです。」


と、おっしゃったそうです。


でも、わたしは今回のことでちょっと怖くなりました。

救急車の音がするとドキドキします。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記