2014年06月12日

社長Tさんのノウハウ。


昨日、うちの事務所から独立開業したTさんが、
事務所に寄ってくれました。

Tさん開業3年にして、
今や常勤の部下を4人、パートも数名抱える社長さんです。

昨日は、次期係長候補(看護師)のTと看護師Hとわたしだけが出勤日。

係長候補Tが内情暴露!(ええんか!?)
「うち、利用者数減ってきてんねん。儲かる方法教えてや〜。」と迫ります。

冗談っぽく言ってましたが、けっこう切実なんですよね。

ちょっと部門のはずれた位置にいるわたしは、

「こらこら、そんなこと簡単に教えて〜なんて言ったらアカンて(笑)」

とつっこみましたが。


「もう頭下げて、顔出して、(所属している)会の仕事を嫌がらずにやることよ。」

「ドクターへの提出書類は必ず院へ持って行ってるよ。」

そうそう、うちなんか、ファックスや郵便で送ってる。

ドクターからの指示書なんかは、「送って来い!」とばかりに、
催促の電話か封書を送りつけるだけだし。

取りに行かなきゃな。


「ヘルパーさんとケアマネさんに嫌われたらアカンで。」

お高く止まってたらアカンのよ。



時代は変わったなぁ〜。

市内で最初に開業したうちんとこ、昔は待ってるだけで仕事は来てた。
あのときの意識が抜けないみたいね。

今は同業者が増えたもの。


トップの意識が変わらんから・・・って、
すぐトップのせいにしてちゃあね、

印象を良くする、顔を覚えてもらう、ってようなことは、
自分たちそれぞれが変えれることだと思うな。


同じスタッフルームに同席してても職種が違ってそっちの方が多人数だと、
口出したら、「なんやねん!」ってことになるところ、

う〜〜〜ん。。。

わが部門はこつこつと自分のやれることを丁寧にやってく、
それにつきるな。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記