2014年04月16日

スタートライン。


昨日は、体の定期メンテナンス日。
(いつのまにか定期が付くようになった。。笑)


新年度明けての電車は、フレッシャーズでいっぱいだった。

フレッシャーズ・・・わかるデ、そんなん。

おばちゃんが意識していると、察せられてはまずい。
目線は下から。なるべく目を動かさないように上に移動。
(我ながらなんて器用な!)

真新しい靴、しわの無いスーツ、前髪垂らしたぷっくらした顔、
補助シートのそばなのに倒して坐んないのね、
入口付近に3、4人で固まって立っているのに誰ひとり喋らず、
それぞれの物思いにふけっている。

目の前に坐っている男性はiPhoneのイヤホンを耳にツッコミ、
シュッシュッと操作。
スーツの袖から出たシャツはデコボコのしわしわだ。

(フレッシャーズたちも、まあ半年もすれば確実にこんな感じ、やな。)

クシが通っているのかいないのか、
ムースの乗りがバラバラな頭を見下ろしながら、

今はみんないっしょ。
君たちは、これから「できるヤツ」と「できないヤツ」に分かれていく
スタート地点に立ったんや・・・

と、心の中で声をかけた。



お世話になっている幸道整体カイロプラクティック、
重里先生は最近ヘアスタイルを変えたようだ。
少し長めにしておられる・・・ような。

そりゃ、7年も通えばヘアスタイルぐらい変わるわな。
一時はらっきょうのような頭になったと言っておられたが、
そのときは違いに分からんかった。。。

施術もだんだん磨きあげられているというか、
わたしがその施術の細やかさに気づきはじめたのはここ最近で、

19年も続けてきておられるということ自体が、
何千人?何万回?とヒトの体を触ることで
独自の施術の観点が生まれることがあってもおかしくないし、
机上の勉強では絶対分からないことも
感性が鋭ければ鋭いほど分かることだってあるだろうし、
誰もマネできないことなんだよね。


それにさー、

あの指。

足の裏に当てはった時、ぴたーって吸いつくように当たるんだ。

(いったいどんな指やねん?)

と思って、帰りに見せてもらったら、第一関節がクニャリと反るの。
それも指が長い。接触面積がおっきくなるわけ。

マネできんね、あれは。

「もともと」って言ってはったけど、

くやしいね、

スタートラインから違ってるってことだよ。




<追記>

あれで、消化器、姿勢改善、リンパの流れ・・・
コソコソ、コソコソ、全部調整しはんねん。
無理やろ、これ、他のカイロプラクティック院ではぜったいしはらへん。
骨にしか目行ってないからね。
ポキ、ポキやってるの自慢げに動画アップしてはるとこいっぱいあるけど、
まったく次元が違う院だと思った方がいい。


指、もっとゆっくり拝見したかったな。
次の方がいらっしゃってたから時間無かったしね、

めっちゃやわらかそうな指やった。
なんかピラミッド状に全部重なるねんね、
帰り道、自分でやってみようとしたけど、
あれれ?どうだったっけ?

まったく再現できないの。

ほんま、どうやってはったんだっけ?





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記