2014年04月15日

「告白」しますと。。。


湊かなえ


テレビに出ていた湊かなえさんの話が、
ほわ〜んとした顔で穏やか口調、けど、内容は鋭い!
ってんで、どんな小説を書きはるのか、気になってね、

で、手っ取り早く読んでみたいと図書館の蔵書検索したら、
全部貸し出し中。
さすが売れっ子。

近くのブックオフでちょうど表示価格より20パーセント引き中。
探しまくって、やっと2冊見っけ。買いましたわ。

第一作の「告白」無かったんですよ。残念。

第二作の「少女」から読み始めてます。


・・・が、


正直申しまして、内容は興味そそられるのですが、

話の展開の早さと文章の切り替え方についていけない感・・・ひしひし。


脳の活性化にはなりそう。。。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月14日

Yさん、ゴルフ叶わず。


昨日の明け方、Yさんが亡くなられました。

昨年12月のなかば、担当して初めてお会いして、
そのときは、

「来年の今頃はゴルフに行きたい。」

と、おっしゃってたので、長期目標を“ゴルフに行く”って、
したんでした。

胃がんの方は良くなっていたのに、
もともとの持病の腎臓の方が急に悪くなってしまってね。
4ヶ月前はあんなに笑顔で喋っておられたのに。



日にちなんてあっというまに過ぎていくのですね。

もう四月も2週間経ってしまいました。

今年度はどんな一年になるかしらね。。。



窓からの景色
(桜はすっかり緑に。)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月13日

歌麿さんのイメージが変わったな。


わたしの中の歌麿さんといえば、女性の大首絵の絵がまっさきに浮かんだもんです、
最近まで。

でも今回「深川の雪」が見つかって公開されて、
(この間もブログに書いたけど、)テレビで三部作の特集なんぞやるようになって、
いっぺんに印象が変わったな。


歌麿さんって、幕府からいっつも目ー付けられて、捉えられては
また画いて・・・・、

いつ生まれたとかどこに住んでたとか、
素性が分かんないんだってね、
案外末梢されたのかもしれないな。


「深川の雪」など晩年の大作ってことだけど、
幕府公認の遊郭「吉原」じゃなくて、あえて無許可の「深川」を選ぶとこなんか、
くせもんだよね(笑)

それも、幕府の奥方さまが遊びに来ている姿とか
(羽織に家紋までしっかり描いてある)、
公認されてない遊郭だからお布団を背負って部屋を移動する姿なんか
ちょいと戸の隙間から見えるように描いたりとか、
めっちゃ社会の不条理に訴えてはるんよね。

そのあとまた捉えられたらしいけど。


歌麿さんって本当にやさしい、愛溢れる人だったんじゃないかな?

歌麿さんの件で、なんでも 知らずに 好き嫌いで喋ったらアカンなと思った。

知ったら、すっごい人だったんだって取り憑かれちゃったよ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月12日

これからよろしく、さっちゃん。


昨日、さっちゃんのリハビリに行ってきたよー♪

ぷにゅぷにゅ、もにょもにょ、めっちゃかわいかったぁー♪

Y先生が言ってた「怖いさっちゃん」に変貌せんかったよー♪
(↑ 呼吸が安定してた、ってこと)


赤ちゃんってなんて気持ちいいの〜。

癒されたあ〜(#^.^#)


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月11日

Sさんの予後。


Sさんの血液データが良くなって、ちょっとびっくり。

点滴だけで3カ月たったか・・・もともとは「みとり」だったんですけどね。


Sさんの体は、「みとり」の段階じゃないです。
ご家族は自然に、自然に・・・とおっしゃいますが、
それを今求めるなら、「自然じゃない」とはっきり思います。
Sさんの体は本当はどんどん良くなる体だからです。


ご家族はもっと早くにSさんが亡くなるもんだと思ったんではないでしょうか。
在宅スタッフが説明してもテコでも動かず。
何を根拠に?「みとり」としたのか。
“病院”という威厳に押されたんでしょう。


点滴なら点滴だけでの栄養補給に、体は省エネモードで適応するんですね。


でも、確実にSさんの体は筋肉が落ちてしまいました。
検査データの回復とは裏腹に、もう背もたれなしでは
自分の体をコントロールできないほど。


検査結果が良好なのを笑顔で話す家族を見ていて、
なんとももやもやした
「矛盾」を感じぜずにはいられないわたしでした。




<追記>

「人の心は面(おもて)の如し」

人の心は、顔が皆違うように、同じではない。

・・・人それぞれ、家それぞれ、
どれが正しいとか、こうしなきゃいけないとか、
答えは一つではないのですね。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記