2014年03月02日

なにはともあれ、がんばってついていきます。


昨日はホント、バタバタしました。

夜にあるセミナーの復習をしようとたっぷり時間を取ってあったのが、
あれやこれやと用事が入り、午前中があっという間に過ぎてしまいました。

あてにならんもんですね、わざわざ時間を作って・・・というのは(^^ゞ


さて、

セミナーの方はですね、痛みのセミナーなのですが、
なにせこの解剖学の知識の無さ、触診力の低さ・・・
アップアップしながらついていっております。

セミナーの先生がやさしくて遠慮なく訊けるのが幸い。
何回も繰り返し説明してくださるので、以前のS先生のセミナーの時みたいに
朝起きたら胃が痛くてごはんが食べれないよ〜、ってことまでにはならないので
助かってます(^^ゞ

周りは整体院とか整骨院を営んでいる現役バリバリの方ばかりですしね、
学ぶ意識の高さがハンパじゃないですからね、みなさん知識も技術もすごいの。
足手まといにならんようにせにゃ。

冷静に的確に診断ができるようになって、
みなさんと対等に意見交換ができるようになれるよう、

がんばりまっす手(グー)




<追記>

まるで話が変わりますが。。。

昨日の「ごちそうさん」。


悠太郎さんが満州に行く前日、源太さんとの場面。



「おう!なんやねん、話て…」(-’д-)
「この間はありがとうございました」(・∀・;)
悠太郎は源太に頭を下げると、源太は面倒くさそうな顔になる。

「ホンマ、ええ加減にしたってや。あいつも大変やったんやで」(・`д-)
「明日、満州に行きます」(・`_´・ )
「!?」(;゚Д゚)
「…この先、あの人の事を助けたってくれますか?お願いします」(-Д-)
もう一度、悠太郎は深く頭を下げた。

「そ、そんなん頼まれんかてやってきてるやろうが!
 …ええか?お前がどうでもワシには関係ないんじゃ!
 あいつは表向きはおまえの嫁はんやけど、ワシにとっては、たった1人の人生の相方なんや。
 食わしとくから、まあちょちょっと行って戻ってこいや」(;`皿´)

源太はそう言って、振り返らずにうま介に入っていった。


かっこよかったよー!源ちゃん!



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記