2014年02月13日

よく分からないYさん。


ノルディックスキー複合のジャンプの実況中継、笑った。

日本選手はもちろんのこと、外国人選手が飛んでも

「おおお!!!!」

「キターっ!!!」

「やっぱ強いなあー!!!」

アナウンサーさんと解説者さんが興奮しまくり。

吹いたわ(笑)

久しぶりに自然に笑った。



話は変わって、昨日はYさんとお会いした。

Yさん、麻痺があるわけでなし、どっかの骨を折ったわけでもなし、
構造的にはどこがどうってことはないんだが、いっつも寝ている。

笑顔で対応してくださるが、実際動いていただこうとすると のらりくらり。
茶化されているような感覚だ。

ごまかし方もうまいので、認知症とも違う。

が、昨日ふと思った。

訳が分からなくなっていることをゴマ化しているような・・・。


ケアマネさんとも話していて、わたしだけの違和感だと思っていたら、
実はケアマネさんも感じていて、Yさん、つかみどころがないと。
どう対応していいのか、暗中模索中。

血液検査の結果に対しても(相当悪い)、ドクターの対処も「なんでも食べていいよ。」。

なんかベールに包まれているような気がするのだ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記