2014年02月13日

よく分からないYさん。


ノルディックスキー複合のジャンプの実況中継、笑った。

日本選手はもちろんのこと、外国人選手が飛んでも

「おおお!!!!」

「キターっ!!!」

「やっぱ強いなあー!!!」

アナウンサーさんと解説者さんが興奮しまくり。

吹いたわ(笑)

久しぶりに自然に笑った。



話は変わって、昨日はYさんとお会いした。

Yさん、麻痺があるわけでなし、どっかの骨を折ったわけでもなし、
構造的にはどこがどうってことはないんだが、いっつも寝ている。

笑顔で対応してくださるが、実際動いていただこうとすると のらりくらり。
茶化されているような感覚だ。

ごまかし方もうまいので、認知症とも違う。

が、昨日ふと思った。

訳が分からなくなっていることをゴマ化しているような・・・。


ケアマネさんとも話していて、わたしだけの違和感だと思っていたら、
実はケアマネさんも感じていて、Yさん、つかみどころがないと。
どう対応していいのか、暗中模索中。

血液検査の結果に対しても(相当悪い)、ドクターの対処も「なんでも食べていいよ。」。

なんかベールに包まれているような気がするのだ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月12日

「おかき巻き」


昔、西宮の病院で働いていた頃、仲間の担当していた患者さんで中学生の子がいてね、
その子がめちゃおもしろい子で、とぼけた感がなんともいえずかわいくて、
みんなすっごくかわいがってたのね、

で、その子が退院するとき、お菓子を持ってきてくれた。

「家の近くのおせんべい屋さんの、ボクこれ好き。」って、缶々いっぱい。


「おかき巻き」っていうの。(食べログで見てね。)↓
http://tabelog.com/hyogo/A2803/A280301/28013795/dtlphotolst/1/

その時食べた時は、正直、え〜〜〜。。。
それがあまりにクセのある味で、ときどきよみがってくるんだよね。

しょう油辛いおかきを甘いうす焼せんべいで包んであるの。

ぽろっぽろ崩れて食べにくいったらありゃしない(笑)

大体、甘じょっぱいのは苦手なんだってば(笑)


たいていおいしいものいただいた時は、そのあと引きずって買いに行くのね、
でも、それだけは行かなかったね(笑)


それが、3年くらい前、近くにある小倉山荘っていうお店で似たようなのを見つけちゃったのよ。
で、気になりつつもあの味はなあ。。。と思いながら買わずにいた。

昨日、バレンタイン用のチョコかけ柿の種を買いに行ったら、やっぱり目についちゃって。

(買うか、自分用に。)と。

買っちゃったよぉ〜。


おかき巻き


やっぱ、食べにくいわ(笑)


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月11日

自分は年を取りすぎた。


昨日ひさびさにS先生のブログに行った。

先生の長年の夢、養成校は予想以上の受験者数で順調の滑り出しの様子。

S先生の熱意溢れる指導で4年後(?)には、稀にみる優秀な施術者たちが世に排出される。

あの技術を修得できたら、どうにも手立ての無い状態の患者さんを救うことができるのでは・・・憧れの気持ちは未だに続く。

羨望と焦燥と。
C のわたしが駆り立てる。


ならば自分もS先生の世界にドップリつかればよかったのに。

恐怖感。

疑惑。

Aのわたしが引きとめた。

ほんとうにこの技術がどんなものより1番で万能の治療技術だとしたら、今頃世界中がこれだけやっているはず。そしてこの院だけになっているはず。あの経営技術・・・。



患者として施術を受けたときに、何がこの先生に患者が信頼感を抱くのか分かった。
それは、施術の技術の結果にではない。

腰痛や肩こりは、「信頼」しただけで良くなることもあるのだ。

(ああこの先生には分かってもらえる。)

この感情で体に変化が起きる。
S先生は施術時にまさにこの感情を湧かせるのに長けている。


いったんセミナーに参加してしまったわたしは、次の施術からは「信頼」の感情は変わり怒りに満ちていた。
真に触疹技術に長けたS先生ならば伝わっていたに違いない。
わたしの体はまったく反応しなかったのだろう。「もういいだろう。」
3回で終了となった。


若い人たちが周りを忘れ時間を忘れ無我夢中についていく。

ああ・・・わたしは年を取りすぎてしまった。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月10日

「モテキ」見つくした。


昨日、おとといの土・日は、だらだらしてやる〜と決め込んで、

ホンマにだらだらしました(笑)


ずぅ〜っと「モテキ」を見てました。

「モテキ」、ぼ〜っと見るには最適です。

登場人物の年齢設定とか、やってることとか、
考えちゃダメですよ、

賛否両論あるのはごもっともの作品。


そんなことはどうでもいいんです。

なーんも考えんようにしたい時はこんなんがいいんです。

妄想のセリフがキツイんだけど、なんか勉強になった(笑)



それに挿入歌がいいですねー。

人間それぞれ違うから、相手の考えてることなんて分かりっこない。
考えるだけ時間のムダ・・・・

誰だっけね、こんな感じの歌詞の歌 歌ってたの。


考えちゃうわたしはひとりよがりの自己完結型アホやって分かったわ。



Moteki - 01

(それにしても、日本の俳優さんもキスがじょうずになりましたねー。)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月09日

お母さんと話がしたい。


昨日のMさんの続き。


「さあ、運動の前にまずは体温を測りますねー。」

すると泣くんですよ、

「お母さんと話がしたい・・・。」って。


Mさん、86歳なんですけど、
そのお母さんとなると、生きてたら何歳?
実際は、50代で亡くなられたそうです。


「生きててもなんにもならない。
 運動したってしょうがない。

 お母さんに会いたい。
 帰りたい。

 こんなところはイヤ。・・・・」


認知症もあるんですけどね、本音の感情だと思いますよ。


パーキンソン症状がひどくなって奥様が介助できなくなって、
施設入所となったわけですが、
「ここは想い出もなんにもない・・・」って、それはホント。


「お母さん」の存在って、特別なのかもしれません。

Mさんの奥様とも話してたんですけど、
母親にとっても「息子」ってのは特別なんですよ。

男の子っていろんなものしょって荒波の中渡って行かなきゃならない。
それを思うと、甘えさせたい、守ってやりたい。
けど、ずっとそういうわけにもいかず、
でもいつも気にかけて・・・何歳になっても。

Mさん、施設入所したばかり、今すっごく心細い時。


ふっと眼を開けて、「あんた誰や?」
大人顔で涙をこすりながらおっしゃる。
ちょっと笑えたけどね。



<追記>

つながってますよ。

スキマスイッチ「奏(かなで)」

kanade






posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記