2014年01月22日

ワースト1の客


ドカドカドカ!

ズボンの社会の窓あたりを両手で引っぱり上げて
左右に揺れながら猛突進してくるおじさん!

(おお大変!)とっさに斜めにかわす。

熊取駅のトイレから出てきたとたんの出来事であった。

あのあとおじさんどうなったッ!?(^_^;)


昨日はそこ、泉州は熊取の幸道整体カイロプラクティックさんへ。
JRに揺られ1時間15分、駅からは徒歩20分ほどの所にある。
ひと月に一回くらいの割合で体のメンテナンスに通う。
かれこれ6年半になるか・・・。


ふと、通い始めた頃のことを思い出す。

あの頃は、寝ていると左腰が痛くなってきて2時間半おきに目が覚めていた。

整形外科は2件、評判がいい近所の整体院にも行ってみた。
でも痛みは取れず・・・やがて左下肢が立っているときにだるくなるようになり、
そうこうしているうちに台所に立っているのがつらくなってきた。

こりゃいかん、と、まだ試していなかったカイロプラクティックに行ってみようと。

カイロって、骨を調整するでしょ、ボキっ!て。
いやほんと、ボキっ!てイメージだったのよ。
選ぶのは、かなり慎重で時間がかかった。


ある日、ネットで検索。あの頃、ネットに載ってるの少なかったね。
今はわんさかあって、逆に選ぶのに迷うけど。

あの頃のサイトでは、幸道整体さんのが一番やった。
手作りだったのに際立ってた。

業者に頼んで作ってもらう、というのも先駆的な時代で、
まあ頼んで作ってもらったサイトも綺麗は綺麗だったけど、
あの頃のは綺麗だけで、内容的にはイマイチのサイトがほとんどだった。

その中で院長先生自らが作ったらしい(他とは違うから分かった。)ホームページは、
ここまで詳しく書かれてもよう分からん・・・というようなところまで説明がされていて、
ホントにカイロプラクティックが好きで好きで、切磋琢磨なさっている感じがよく出ていた。
文章も読みやすかった。

こんなにスラスラと読みやすい文章を書く人は、
頭の中の構成がしっかりしていて、
仕事も整然と一筋通った仕事をする人だと感じた。

(任せてもいいっかな。。。)

信頼してみようと思った。


行ったら・・・ボキっ!じゃなくて、ポッキ。。。だった。

そして、腰の痛みは消えた。
その日の晩から2時間半おきに目が覚めることがまったく無い。
10年ぶりの快眠であった。



院長の重里先生はおっしゃる。

「完治は考えないで下さい・・・。それはありえないから。
 
 通院していても肩がコルときもあれば腰が痛くなるときもあるよ・・・。」

と。


でも、わたしは思う。

きっと先生の心の奥には、「治そう」という信条がある。

「重里先生の所に行ったらなんとかしてもらえる。」

そう思って紹介もする。何よりわたしの体験が事実としてあるのだから。



こんなん書いて、

あたしって、イヤな客だねぇ。。。(^^ゞ



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記