2014年01月17日

Nさんのこれからに寄り添って。


昨年12月半ばに入院したNさんが家に帰ってこられました。

病院の言語聴覚士に「飲み込みの練習はできません。」と言われ、
それまで奥様が吸い飲みで飲ませておられた栄養剤や野菜ジュース、
一切摂ることがなくなり、病院では点滴のみ。

いや、在宅でもじゅうじゅう教科書では飲ませられないレベルと知っていての
吸い飲みでの摂取だったのです。
奥様とご主人のあ・うんの呼吸で、嚥下反射は起きていたのです。

病院から診れば「できない」と言われても、
それでも奥様は飲ませるだろうと病院スタッフも思っていたらしいのですが、
何がどうさせたのか、奥様はキッパリと飲ませるのをあきらめてしまわれました。
もともと延命治療は望まなかった主人ですから・・・と、
「みとり」のケアを選ばれたのです。


これからは病院のように1,250カロリー分の点滴はもうしません。
500カロリー分の点滴とビタミン・ミネラル分を1日4時間、2回に分けて行います。

(ちなみに胃ろうからの直接注入栄養は保険もきいて、
 カロリーもしっかり摂れます。栄養的には長生きできます。
 点滴は、針からなにからお金がかかるのです。)


ひと月ぶりにお会いしたNさんは、思ったよりも体は硬くなっておらず、
(筋肉が固くなる病気なのです。むしろおなかの緊張がゆるんでました。)
ひとまず安心。

けれど、自分の力だけでは起き上がったり、立ち上がることができず、
なんか表情が乏しくなったなあ〜と思って見たら、目が動かなくなっていました。

ベッド上での楽でいい姿勢をとるためにと、ご家族が見よう見まねでクッションを
買って用意していたものが、往診に来たお医者さんに「これは使えない。」と言われたと。

「大丈夫ですよ、使えますよ。」そう、使えるようにしますよ、わたくし。

こういう時、あの経験をしといてよかった・・・と思います(年のこう)。
レンタルクッションも業者によっては50円からできますし、
やっぱり家族さんだけで決めないで、周囲のスタッフに相談した方がいいです。
ピッタリしたのを選んでもらえるし、お得だし、何より楽。


・・・とまあ、こんな感じで始まったNさんのケア。

奥様が退院前に言われていた言葉、
「あかねさん、よろしくお願いします。
 これからつらいことが起こるかも知れませんが。」。

絶対、呼吸は苦しまないように最後までいきます(V)o¥o(V)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月16日

トイレの回数を減らしてみた。


おととい、朝の情報番組で「トイレの回数」の話してたんで聞いてたら、
頻回にトイレに行ってると膀胱の容量が小さくなるよ、って、
お医者さんが言ってたのね、

あたし、トイレ回数多いと思うの。平均1時間半くらいで行ってる。
(全部ちゃんと出る。)

冬の間は夜中にも一回はトイレ行ってて、ガマンしてると
「したいな〜、したいな〜」って思いながら寝てるわけで眠りが浅くなる。
それが嫌で、えいっ!って起きて行く。


で、膀胱容量ちっちゃくなったらいかんやん、と思って、
昨日は、ガマンしてみることにした。

テレビのお医者さんが言ってたところによると、
尿意の4回目くらいに行くといいんだって。
気になったけど仕事ぶっ続けることで、6時間くらいもったよ。
でも不思議、量が多くないの。けど、その分濃厚のような。


「おしっこガマンしても膀胱炎にはならない、菌さえ入らなければ大丈夫。」
そのお医者さんは言ってたけど、看護師さんで、朝1回行ったら夕方仕事終わるまで
トイレに行かないって人がいて、長い時は1日2回ってこともあって、
その人、何回か膀胱炎になってるんだよね。


1日試してみて、なんかあたし、ムダなことしてるような気もする・・・

なんで?



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月15日

ダウンコート、家で洗いました。


えっと、これアップしてなかったよね?


年明けてから、ダウンコート、家で洗いました(1カ月着てだいぶ汚れた。)
勇気出しましたよ〜、失敗したらお気に入りの、もう着れませんから。


去年、クリーニング屋さんに出したんです、
水洗い×、ドライクリーニングで、っていう表示があったから。
こことー、ここが一番汚れてるからよろしくお願いしますって、念押して。

けど、「取れませんでした。」ってコメント付きで返ってきた。
え〜〜〜ですよ、ダウンのクリーニングって高いの。
2千円くらいしたと思う。


薄い色のコートって、汚れが目立つのよね、
袖口なんかしょっちゅう洗いたいくらい。

どうせクリーニングに出しても取れないなら、
何か別の方法で取れないものかと、ネット検索。
そしたら、「エ○ール」だったら表生地がポリエステルだったら洗えるってあってね、
「エ○ール」の成分と家にある中性洗剤の成分が同じだったから、
(よし!洗っちゃえ!)って。


結論、・・・洗えたわ(笑)

袖口も綺麗に落ちました。


最初、やっぱり不安でしたよ、こうなりますから。

暗い映像だけど、中のダウンやフェザーが固まってしまってるの分かるかな?

ダウン1


でも、大丈夫。

乾いてきたら、やさしくほぐすの。(トントン振ったり。)

ほぐしながら自然乾燥させると・・・

ほらね、

ダウン2
(綺麗にほぐれているの分かる?)


ふっくら、さっぱり。

生地もさらさら。気持ちいい〜ですよ(^^)v




<追記>

花△の「エ○ール」さんのサイトに行ったら詳しいこと分かります。

特に汚れている部位は洗剤をつけてしばらく置いておく。
で、あとは全体を押し洗い。
やさしくスポンジでさするように洗ってもイケます。

夏のよく乾きやすい時に洗った方が、中の羽毛のカビの繁殖が防げると
聞いたこともあります。

よ〜く、乾かしてね。





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月14日

シャーロック・ホームズから学んだよ、おばちゃんは。

本日の日めくりカレンダー「渡る世間に鬼はない」

・・・これ、国語辞典に載ってるんだね、
「世間は暮らしにくく無情のようにみえるが、困れば助けてくれる人は必ずいるものだ。」
って意味。

「渡る世間は鬼ばかり」、これが本物だと思ってたよ、
あまりにもメジャーすぎて。


さて、Tさんの影響でシャーロック・ホームズを読み始めたわたくし、
サイトから印刷して読んでいたのですが、
日々高まる紙の山、補充するインクの手間が気になりだし、
まったくもって資源の無駄・・・ふと、徒歩5分もないところに
図書館があることを思い出したのであります。

図書館の蔵書検索サイトを自宅から見てみますと、ありました!
シャーロック・ホームズ全集!

手提げかばんを持って、てくてく。。。
シリーズ60作品中の4つの長編、すべてそろってましたので、
ごっそり借りてきました。

シャーロック


児童書のところに並んでたの。

ごめんね、子どもたち。

しばし、おばちゃんが借りますよ。




<追記>

コナン・ドイル著、第一作「緋色の研究」、昨日読破。

ああ、うう、ほうほう、へぇ〜。。。。
シャーロック、想像で推理してるんじゃないんですね。

事実をひたすら調べ、積み上げ、正しく並べれば、
おのずと全体が結びつき、解決される。

「観察」と「経験」、大事だとは思ってたけど、
ここまで重要だとは思ってなかった。

な〜るほど〜。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月13日

酒飲みは嫌いだ。


Yが骨折した(らしい)。

酔っぱらってお風呂入って、スッテンころりん。。。
よく分からんが、湯船の角でわき腹を打ったらしい。

寝返りどころか、頭をずらすだけでも「うん、うん」唸っている。

何度か病院行きを勧めたが、
「どうせ行ったって、シップと鎮痛剤をもらって安静にしとくだけや。」
と言い張り「うん。」と言わない。
病院に行ったら、恥ずかしいし、ヒマなだけ・・・ってのがホンネに違いない。

やれ、腰をちょっと後ろにずらせだの、脚に枕を添えろだの、
口は達者だから家で寝ころんでいれば自分の手脚は動かずとも、
人を動かすことができる。
こういうときの病人は周囲の予定がくるってしまったことなど頭に無くて、
自分中心に地球が回っていると思っている。
まったくもって、やっかいな話だ。

部屋の仕切りのカーテンを開けて中に入ると、「寒い!」と。

「なんでそんなにやさしくないの!」

「酔っぱらって転んだからだよ。」


だから酒飲みは嫌いだ。




<追記>

断っておくが、いちおう、仕事事務処理、経皮浸透鎮痛シップ、鎮痛剤、着替え、洗濯、
体幹部のさらし巻き、テレビチャンネルの操作、暖房、水分補給、三食、それもおやつ付き、・・・
お世話はしとります、ハイ(笑)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記