2013年12月08日

久しぶりに道場に行ってきた。


実に7か月ぶり。
コンタクト入れたのも7か月ぶり。

ひっそり行って帰ってくるはずが、
土曜日にしてはめずらしくたくさんの人出、
わたしが引き連れちゃった?(笑)

みなさん変わらずお元気。なにより。



この7カ月間、道場への未練はまったくなく、あせりもなく。

このままだと、春まで行かなくなるなあ・・・
いや、ずっと行かなくなるかも・・・

ちょっとヤバイよ(笑)

寝る前に目に入るのね、5月に買った弓が。
(このまま一度も引かずに終わったらかわいそうだなあ。)って。

年内に1度は行っとかんと。
昨日がギリギリだって分かってたから、
前の晩から荷物詰めるのに自然と体が動いた。


行ってみると、別感覚。フレッシュだったわ。

力抜いて、弓を楽しむために。
これからはこれで。充分。


一時はこれからの道場のことを考えて、若手のなかで
改革していこうと意気込んだ時期もあった。

道場の「壁」はそうとう厚く、新しいことを嫌う上層部からの
とげはチクチクと刺さり、ある日、心臓にまで達した。

今から思えば、愚痴をグチグチ言って、やめる、やめる、って
言っている人の方が、長続きするもんだね。
そういう人は、やがては君臨する。

これから何かをどうこうしようと言っているのではなかったんだ。
単に、背後でストレス発散、表で上層部に合わせていく。

あたいみたいに気が短くて本気にして動くヤツが1番アホかも(笑)

これは仕事じゃないんだ。



道場の中は昔のまんま。

飲み食いもするし、無駄話も多いし。
練習体系もないし。

でも、の〜んびり。

それでみんながバランスとれて、
老いも若きもやっていけてるんなら、
ここの道場はこのまんまでいいんやな。

そういうことやな。


ながめながら思った。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記