2013年11月06日

究極のヤジ


先日、天野祐吉さんをしのぶ特別番組を見た。

その中での一コマ。

広告批評をなさってこられた天野さんの原点。

「下町のヤジと熱気」。


若かりし頃、ストリップ劇場に入った。

なんという盛り上がり、タイミングのいいヤジ。

それぞれがそれぞれに役割がある。


中に、ダンスがめちゃくちゃ上手い女性がいた。

確かにすばらしいのだが、待っても待ってもいっこうに脱ぐ気配が無い。


と、

「もっとまじめにやれー!」

斜め前に坐っているおじさんが叫んだ。


そのとき、天野さんは思ったそうだ。

(なんて的確な表現なんだろう。)

難しい言葉を並べるとりっぱな文章に見えるが、
相手に伝わる表現とはいえない。

そうだ!僕はこれから世の中にヤジをとばしていこう!


結局、天野さんはストリップ劇場では、
いつまでたってもヤジを飛ばすことができなかったそうだ。


言葉って、おもしろいような、むずかしいような。。。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記