2013年11月12日

愕然。。。


「これ食べて。」


ご主人のおやつにと、奥さんが出してきたのは、

クラッカー

それも、チーズを挟んだ2枚重ね。


ご主人、パーキンソンですでに嚥下障害あり。


「奥さん、クラッカーは・・・・。」

「いや、食べるデ。バナジュー(バナナジュース)で飲み込んで。」


ガタガタ。。。(わたしの頭の中がくずれる音。)


・・・今まで言ってきたことはいったい・・・



あかんわ、Nさん。
わたし、どうしようもできんわ。まさかここまでとは。

あなたが75で再婚した奥さん。
これですか?パーキンソンの前にうつを発症したのは!?




<追記>

いろんな家族を見てきました。

病気の進行度からいえばNさんよりもずっと重い人が
どんどん改善していきます。

あなたではない、家族次第。

・・・と、悟りに悟った昨日でした。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月11日

気楽に見た方がいいかも。


「清須会議」を見たい、見たい、とYがしきりに言うから付き添いで見に行った。
(映画くらい一人で見に行けよっ!)

原作、脚本、監督が三谷氏であるからして、肩肘張って見る歴史物ではないと
想像がつくだろう。
戦場場面はイラスト、外の景色もグラフィックという・・・・(安上がりな?)


ところが、どっこい! まあ豪華キャスト!!

公式ホームページ → http://www.kiyosukaigi.com/index.html

予告→ 

西田敏行さんもちょこっと出演。


戦国武将たち、あそこまでホンネ(?)喋らされたらタジタジだね。
重なる心理戦、あっちこっちと身の置きどころに困り果てる人など。

映画の中で遊ばされてるね。

役所広司さん演じる柴田勝家、「おやじ」さんが、
色に目覚めたメチャ嫌な爺さんになっとった!^^;

大河ドラマでは頼りがいのある落ち着いた感じで、
お市の方とはラブラブな感じに描かれていたのに。

まあ、見方を変えれば確かにどっちとも言い切れんなぁ。。。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月10日

読む時間より想像する時間


昨日、

「小説よく読んでおられますか?」

と訊かれて、

なんかいっぱい読んでるような気がするのに、
実際、何を読んでるかが頭に浮かんでこなかった。

「最近は、健康関連本ばかりで“小説”は読んでないですね〜。」

と答えたものの、やっぱり読んでる気がする。

はっ! 途中で気がついた。

そうそう、新聞の小説、毎日5分間ずつ読んでる。
たくさん読んでるわけじゃないのに、充実感があるんだな、これが。

今年1月から連載だった『めだか太平洋を往け』は、すっごく良かった。


その話をしたら、

「きっと、読む時間より“想像する時間”なんですよね。」

と、相手の方がニコリと笑った。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月09日

「ごちそうさん」のおかげで料理が楽しい!


朝ドラの「ごちそうさん」効果はスゴイです。

最近、料理するとき意識が料理に向かうようになりました。

  
  (え?それどういうこと?)

って、感じですが、

この数年、料理することが流れ作業になっていて、
(考えなくても手が動く。)

頭の中は別のこと考えていて。

それでもちゃんとごはんが作れていたから、
習慣とは良いような恐ろしいような。


「ごちそうさん」が始まってからは、
め以子さんの味へのこだわり、いや、探究心
(ごはんの炊き方、だしの取り方・・・ずらっと並べて
 いろんなパターンを試すの、あれ、究極ですよね。)は、

そこまでやればおいしいものができて、
みんなが喜ぶ笑顔が見れる。。。

それって、ものの良さを大事にすることだし、
究極のしあわせだな、って気づかされた。

おいしいものを作るって、外の仕事にも負けないことなんやね。

だから平生でも、こうやったらおいしくなるかな!(^^)! って、
自然と目の前の食材に意識が向くようになってます。
(だから、ブログネタも最近食べ物の写真が増えてる。。。(^^ゞ)



あ、でも、やっぱ、杏さんの演技にやられたかな(^^)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月08日

治療の切り札。


フェルデンクライス・メソッド


これで何とかなれば!




<追記>

TさんにSさんNさん。パーキンソンで認知症もあって、歩きにくい。
病気から診るとあたりまえの症状だからどうしようもないと言われる。

けど、同じ病名でも個々で診れば、みんな違うんだ。
体の状態も精神の状態も。

認知症が進んでいるという病気のせいだけでなく、
普通でも何か不快が続くと人って動けなくなることあるよね?

ということは、
病気のため構造が変わり、落ちてしまった能力は変えられないかもしれないが、

その人それぞれの病気の進行過程で、積もり積もってしまった治癒阻害因子があるはず。
それを少しでも取り除くことができたら、今よりは歩きやすくなれるんじゃないかな?

・・・と、あかねは思う。

そこんとこ、アプローチしてみる。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記