2013年09月10日

昨日初めて知った。


 1964年オリンピックの代々木会場の用地は、戦後GHQにより接収され、
 ワシントンハイツとして主に米軍将校の家族用住宅となっていた地区である。

 92万4000平方メートル、27万坪。
 827世帯の米軍住宅、将校クラブ、教会、学校、劇場などが建てられていた。
 戦前は陸軍の練兵場だった場所。

  国はオリンピック開催を理由に、この土地の返還を粘り強く交渉した。
 そしてここに代々木競技場と選手村が建設された。



いやー、知らんかったです。

テレビでやってたのを見た限りでは、
鍵の束をアップで写して、(快く)明け渡してくれたみたいでしたが、

なんと!
返還されたのは、オリンピック開催の39日前で、
そのあとは突貫工事だったそうです。


アメリカと日本、
過去のことのような、現在のことのような、

なんかいろいろ考えちゃいました。。。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月09日

気になる「あまちゃん」のオープンニング


「あまちゃん」のね、

オープニングを思い出してたの。


アレって、すごいよね、

画面がずっと動いてんの。


撮ってる画像が動いてんのは当然だけど(川の流れとか、人物とか)、

ちょいとシャレてるのは、

カメラ自体が動いてるとこ。ゆる〜っと。



ああいうカメラワークって、あんまり見たことがないね。

だから、たいていの連ドラのオープンニングは
慣れたらあんまり見なくなるけど、

今回の「あまちゃん」のは、何回も見て楽しんでる。


へ〜。。。って。





<追記>

東京オリンピック開催決定す。

東京招致を陰でコーディネイトした方がおられるそうで。
過去2回、オリンピック招致を成功させたお方だとか。

その方の成功報酬はおいくらくらい?かと・・・・



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月08日

自己を忘れること



「自己をならふといふは 自己を忘るるなり」

〜 道元禅師 『正法眼蔵』「現成公案」の一文


昨日のEテレ、「こころの時代」、
ウトウトと見てたんですが、この言葉で目が覚めました。



万物はその場でとどまっていることは無い。

過去あり、未来あり。 が、実際あるのは“今”。


自分の周り、自分自身、何にとらわれているのか?

自己を放ち、“今”を生きて行こうではないか。




私自身、過去にとらわれているのかもしれません。
培ったものが大事なんでしょう。

いつのまにか、重症の石頭になってる気もします(笑)


知らず知らず、自分で自分をがんじがらめ。

に生きるって、けっこう難しいもんですね。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月07日

調子に乗りすぎて


昨日、カットに行った 美容院


おおお!!!!! いい感じー♪


美容師さんと意気投合!





切って、切って、切りまくっちゃいましょー 手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)








朝、起きた。



・・・・




・・・・




・・・・たらーっ(汗)







<追記>

!!!! このギザギザ前髪は!?
がく〜(落胆した顔)




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月06日

Tさんのリハビリ


認知症のTさんは、とりかかりはニコニコと調子がいいのですが、
同じ動作を繰り返しての運動は5回も続けばいいほう。
(かけ声かければ10回はいけるかな?)
2、3回めで笑顔がなくなります。

だからわたしは、1種目につき3回で打ち切ります。
テンポよく他の種目も終わらせます。
そうすることで、運動後、Tさんに苦痛の感情だけが残らないようにしています。


ひと月前お会いしたとき、寝ころんでいたTさんが、
先週はベッドの端に起きて待っていてくださって、
昨日はつたい歩きでリビングまで起きてくださってました。

「あかねさんがいらっしゃると言うと、起きると言いましてね、
 ・・・気の持ちようですね!」
と奥様。

嬉しいですね、そうやって少しずつ動けるようになって、
奥様の介助もラクになって。


かつて大学の講師とかカウンセリングとかのお仕事をなさっていた方。
最初にお会いした時から、所作の端々に礼儀正しさが表れていました。
その気持ちも働いての相乗効果。

認知症のリハビリなんてセミナーもありますが、
大事なのは「その人に合わせる」ってことだとわたしは思うのです(^^)

さあ、これからまた、弱くなった背中と脚を鍛えていきましょ。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記