2013年09月15日

“欲”まみれのわたし。


このところ、葬儀場へ足を運ぶことが多くなったあかねでございます。

自分の年も年なんで、まったく人ごとのように済ますこともできず、
ふと自分の人生をふりかえって、眠れぬ夜を過ごしたりもしとります。


うじゃうじゃ襲いかかる暗雲は、きっと、わたくしの“欲”。

どうせなら、“欲”まみれになって、思うままに生きてやれ!などと
開き直って、布団をかぶったりもするのです。


かといって、


一人で生きていけないことも考えれば、自分の感情で人を巻き込むのもどうかと・・・

いや、これまた、いい人ぶりっ子、思いあがり、“欲”でありまするな。



昨日のNHK[こころの時代」、
四国霊場第十三番大日寺の住職・金昴先(キムミョウソン)さんのお話。

金さんは、韓国伝統舞踊の名手。
日本公演の際、偶然宿泊した大日寺で、当時の住職に出会い、
互いに惹かれあって結婚。そのあと波乱の人生に。


綺麗なお方でしたわ。

「すべては弘法大師のお導き」、
今は「これまでの苦労は、仏様がわたしにくださった、“乗り越えられるくらいの苦しみ”」

と。


そしてまた、日本語の「ありがとう」は、世界で一番すばらしい言葉だとも。

舞踊家として世界中を回って来られた金さんだからご存知のこと。

「ありがとう」の意味の言葉は世界中にあるけれど、
日本語の「ありがとう」のように、

昨日はありがとう。」

この間はありがとう。」

その節はありがとう。」

・・・・・と、ずっと感謝を述べられる「ありがとう」はないんだとか。

たいていの国の「ありがとう」を意味する言葉はその場だけのもの。



“欲”の塊のようなわたくしでも、

お大師様がいつでもどこでも見守ってくださっている。
「ありがとう」って、“今”を生きていくだけでいいんかなあ〜。。。

などと、ふっと、こころ安らいだりして。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月14日

女心


昨日のお通夜。


30分前くらいに出発しよう!って前日に打ち合わせたので、
着替えて45分前に待ち合わせのスタッフルームに行った。

ドアを開けると、(あれれ?誰も着替えてないや。)

訊くと、15分前に出発しようかって。

(昨日言ってたことと違うじゃん!)

まあ、予定が変わったんでしょぅ。。。^^;たらーっ(汗)



さあ着替え。

「きゃあ〜!7年ぶりに着たら、チャック閉まらん〜〜!!!」

「黒のストッキング忘れたー。」

「パンスト、上がんないー。」

「あー、ハンカチ、赤色やー。」


・・・・


出発したあとも、

「黒のカバン、カビはえとったー。」

「黒の靴、これしかなかったー。」
(←スリッポン。)



式場では、シュンシュン・・・ポロポロ・・・・がく〜(落胆した顔)



嗚呼 なんともはや秋の空。




<追記>

ちなみに、「男心と秋の空」というのもあるそうだ。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月13日

つめたいかな。


涙出ないの。



職場のSさんのご主人が病気で亡くなられてね、

同僚のHさんやKさんは、Sさんのご主人の最後とか、
病気の経過など話しては 涙すすってて。

その前に、Hさんがわたしのそばに寄ってきて、
Sさんのご主人の話をしてきて、
「明日、お通夜に行くの、よろしくね。」って
声かけしてきたりしてたけど、

ああ・・・あの時、いっしょに話ししてくれる人
探してたんだね。

まあ、職場で「Sさん、かわいそう。。。」って泣いてても
帰ったら、夕飯食べながら、テレビ見てガハガハ笑っちゃってるのが
女というもの。



Sさんのご主人はわたしと同業者で、
わたしが小児の仕事を始めるときにも
本をお借りしたことがあったり、
市内の小児の仕事を引き継いでもらったりと、
面識がある。

あとは、ご主人への不満満載を奥さん(Sさん)から聞いたり(笑)

奥さんの事情からいくと、まぁ、しっかりやって行くと思う。

ご主人がね、まだ若かったし、やりたいこともあったろうし、
想像すると、いかほど無念だったか。
2日前まで二十歳の息子さんに説教してたというし。


心の中で手を合わせるばっかりなんだよね。

「言葉にしなきゃ伝わんないよ。」

って、よく言われるけど、
この年になったら、心で泣いて顔で笑って、なんだ。

誰かに、「わたし悲しんでます。」なんて見せなくていいもんなんだって、
思うようになった。
自分の思いは、静かに過ごせばいい。



・・・・といいつつ、本日お通夜。

Sさんの顔を見たら、泣いてしまうかもしれない。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月12日

そんな授業だったら・・・


橋本武先生


灘校といえば、言わずと知れた全国屈指の進学校。

そこで50年間、国語の教師をなさっていた橋本武氏が昨日亡くなられました。
101歳でした。94歳のときに「源氏物語」を現代語に完訳なさってます。

1934年に赴任。教科書を一切使わず、手作りのプリントを用いて授業。
50年からは、中勘助の小説『銀の匙』を中学の3年かけて読むという
独自の授業を開始。

実際に、小説の中で登場した凧揚げや、百人一首ではかるた会を授業時間にやってみる。
あえて「横道」にそれることによって、子どもたちに学ぶ楽しみ、面白さを感じてもらう。

私学ならでは、というか、灘校ならでは。
自由な校風なので、授業時間の使い方も教師の裁量に任される。

『徒然草』を昔の人が書いた文字「草仮名」で読んだり、
ときには『英訳万葉集』にチャレンジしたり。



引っかかることがあったら、それについてとことん調べる。
こ〜んな学び方したら、ホント面白くなりますわ。

考え続け、学び続けることの楽しさを感じることって
もっと若い時に知りたかったなあ・・・・。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月11日

へ〜、効果あるんだ。


朝起きた時、脚が太く感じる日と、
なんとなくスッキリしているように感じる日があって、

もしかしたら、体操をして寝た日とせずに寝た日の違いかなぁ・・・・
と思い、それぞれの次の日、脚の太さを測ってみました。

そしたら、

太ももの太さは同じだったんですが、ふくらはぎの太さが4ミリくらい
体操して寝た日の方が細かったです。

体操といっても、軽い筋トレ(つま先立ちとか太もも上げとか・・・)と、
腰を回したり、体を伸ばしたり曲げたり・・・といったもの。


それでもやって寝た日は、胸のあたりの痛みがマシだし、
脚のむくみも改善する。

やっぱ、その日に固まったところは、その日のうちにほぐして寝ましょ(^^)v

続けましょ。





<追記>

10日の月曜日はひこうき雲がたくさん見られました。

北の空。

北の空


南の空。

南の空


公園から。


今日は30度近くまで気温が上がるそうです。

昨日も暑くて、
一旦涼しくなったあとの30度はこたえる(-_-;)と、
汗を拭き拭き、Oさんがおっしゃっとりました。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記