2013年08月11日

容赦ない夜。


首ふりじゃ足りぬ。
足に行ってる間に背中が待ち遠しいこと!

ストレートじゃ、ストレート。

7時間、ぶっとおし。

より冷たい所はないかと足でまさぐり、

自分の熱であっつあつになったふとんから、
ズリズリと背中をはみ出す。

畳さえぬるま湯く、期待はずれ。
肩甲骨や肘、骨盤、あらゆるでっぱりの痛みに耐えかね、
ふたたび、せんべい布団にころげ戻るが、

あまりの熱さに、接触面を減らすべく、体をひねり、脚を立てなど、
できる限りの抵抗を試みる。


テレビでは、アナウンサーが「猛烈な暑さ」を連発。

仕舞いには容赦ない暑さ」と。(爆笑!)


扇風機よ、ごめんよ。

容赦なく使っちゃって。




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記