2013年08月08日

お中元の時期


漫才の内海師匠は、今のだんなさんと結婚するとき、
どの本にも相性が悪いと書かれていて不安だったけど、
銀座の母さんが、彼なら大丈夫!と言ってくださったので、
事を進めることにしたそうです。

占いって、そんなもんかもしれません。
書いてあることを今の自分にあてはめたら、ああーそうだそうだとなるし、
わたしはこうなる運命だと思っていたら、そうなるように自分がしむけていくし。
もっと信頼できる人が、「大丈夫!」って言ってくれたら、
「そう?」って、ごきげんになるし(笑)

でもさー、初めっから「そんなん気にしませーん。」なんて人がいたら、
尊敬しちゃうなあ〜。



さて、昨日はH先生にお中元をお渡ししました。

ちょっと時期的に遅いような気も。
(結局お中元って、いつ頃するもんなの?)

ってんで、この機会に調べてみました。


関東 7月1日〜15日

関西 7月15日〜8月15日


・・・こんくらいみたいです。

わたし、間にあったみたいですね。


「のし」の書き方は、下記のとおり。

関東 6月下旬〜7月15日まで「お中元」
   7月16日〜8月7日頃まで「暑中お伺い」
   8月7日頃から23日頃まで「残暑御見舞」

関西 7月初旬〜8月15日まで「お中元」
   8月16日〜8月23日頃まで「残暑御見舞」



北陸、金沢は関東風だそう。
あじゃ。一件、まだ贈ってない。。。

調べてよかった、早々に「残暑御見舞」で送ります。。。^^;




<追記>

ちなみにお歳暮は?
だいたいどこも、12月10日すぎから20日頃までだそうです。

去年は、お忙しいピークを避けようと、年末ギリギリに送って失敗した例があります。
年末も仕事場にいらっしゃると思ったのですが、わたしの見当はずれ。
先様の状況も年々変わっておられることを実感しました。
相手に合わせようと考えすぎても、当てはまるとは限りません。
世の習いに合わせた方がいいですね。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記