2013年07月10日

今度は羽二重餅のロールケーキよろしく!


暑いっすねー。

最近 玄関先で、セミの抜けがらを3つも見ました。
そろそろ、朝からの大合唱が始まりそう。

抜けがら


さて、昨日は、おみやげをいただきました。

で〜んと、「福井」。まぎれもなく「福井」のおみやげだわ。

ミルクパイロール


中のパイ生地がサクサク。いい感じのアクセント。


なにやら福井のS.Aには、羽二重餅のロールケーキがあるそうです。

羽二重餅でくるんであるのかな?
周りが羽二重餅で中にクリームあんこ?

「いや、それ、食べてみたかったわ。」

と言ったら、羽二重餅が中に入ってるんだって。

な〜んだ(笑)




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月09日

筋肉のお手入れ


この年になって、だんだん患者さんの年齢に近づいてきますと、
(対象とする患者さんの年齢は変わらず、自分が年を取ってきたということ)

患者さんの四肢や頸、体幹の固くなっているのに対するアプローチも、
実感をともなってやれます。

なにしろ自分の体が、ある姿勢をとっていて次に動くときに、
「あたたたた。。。」と、ひと苦労(笑)

縮んだ筋肉だけじゃなく、伸ばされていた筋肉も伸ばされたまま固くなってる!

伸びたまま固くなる、この発見は患者さんの運動をするのにとても役立ってます。
それまでは、縮んだ筋肉を伸ばすことばっかりに目がいってましたから。


年を取るってことは、体じゅうの筋肉が固くなるんですね。
(目もです。)
ちょっとずつ症状は進んで、域値に達したら、ドカ〜ン!っと現れる。

初めの頃は、まだ若い、まだこのままの体が続くと思ってるから、
単なる一時の損傷と思ってしまう。
でも違う。突然起こったじゃない。


このこと、気がついてよかったなあ〜と思います。
今のうちに対処しとけば、絶対あとあとお得!
他の人との差は歴然!

(あれ!?いつのまにかこんなに固くなってる!)

気づいた方、毎日の“お手入れ”やりませんか?
わたしは始めました。

やったもん勝ちですよー(^^)v


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月08日

めちゃカッコいいコラボ


この頃、カラスの勢いが止まりません。

朝はゴミの日でもないのに、「カアカアー」合唱してるし、
この間は市民リンゴ果樹園の横を通ったら、
カラスの集団がグワッシ!とリンゴに爪を立て、
大きなくちばしでつついていました。

リンゴがコロンと落ちてきて、バサバサっとカラスが
なだれ込むように降りてきた時はびっくり!
けっこうデカイので怖いです。

そういえば、弓道場の手洗い場(外にある)にあった石鹸。
網に入れて、水道の蛇口のところにぶら下げて置いたら、
朝行くと、無くなってる。

なんでや、なんでや、って言ってたら、
どうやらカラスのしわざらしいと。

そんなん食べたら、口から泡ふかないんやろか?

カラスもエサを得るのに必死なんですけどね。




さて、前置きが長くなりましたが、2日ほど前テレビで見て感動!
(めちゃセクシー&超カッコいい―!)

YouTubuからお借りして、アップしまーす。


上妻宏光之さんとMIYAVIさんのコラボ。




腱鞘炎にならないのかと、不粋な心配をしたりして。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月07日

いいかげん気味がいい。


昨日はお昼すぎから、吉本見て、サスペンス見て、音楽番組見て、
夜、また音楽番組と「容疑者X・・・」見て、モタさんの言葉見て、
・・・と、テレビざんまいでした。
ひさびさ、こんなに見たのは。

音楽番組の最中は、聴きながら部屋の掃除をしました。
まぁ〜はかどること!

ワンフロアー、電気から壁から、ピカピカに磨き上げました。
電気の傘の白く濁ったところを拭いたらなんと!透明!

(どんだけ掃除せんかってん!?)

(^^ゞ




テレビ「モタさんの“言葉”」の動画が見れます。

http://www3.nhk.or.jp/d-station/program/mota/

モタさんの言葉はもちろん、淡い色合いのやさしい画がステキ。


 人間、いいかげん気味ぐらいのほうがいい。
 『100点をとらなくても自分を許せる人』といいかえてもいい。
 そんな人は、『100点をとらない他人』も許せる人である。(斉藤茂太氏)


モタさんの言葉


わたしのいいかげんさも、まぁいいっか(笑)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年07月06日

予防とは先送りすること


群馬大学の山口晴保教授の「認知症予防」の記事。

 認知症は予防できるのか?

 予防したら減るのか?


残念ながら、長生きしても認知症にならないという意味での予防法は無いそう。

しかし、発症を5年くらい遅らせるという意味なら予防は可能だとか。


老化防止といっても、老化は止まらない。
老化のスピードを遅らせることが老化防止。認知症予防も同じ。
つまり認知症予防とは認知症の先送りである。

ほど良い運動や、腹八分目の食事、睡眠の確保、人との交流、体のメンテナンス・・・
することで、認知症予防に有効なライフスタイルを続けると、寿命が延びる。

寿命が5年伸びると、認知症になる人が倍増することがすでにわかっている。

皆が長生きするようになると、認知症になる人の数は減らない。
一時的に減っても先送りなので、いずれは増える。


健康に良いことをして長生きするのだったら、認知症になることを受け入れよう。

「認知症は怖い、なりたくない」から「認知症になるまで長生きしよう」と
考えを改める方が心配が減って、神経細胞にダメージが加わらない。


・・・ふうむ。なるほど。

「予防とは先送り」なのね。

この年になると、不老長寿を願った秦の始皇帝の気持ちになっちゃうけどなあ。。。


そういえば昨日、家の前を掃除してたらセミの抜け殻2つ発見。
午後7時頃、海沿いをジョギングしてたら、ミンミン・・・セミの合唱に遭遇。

梅雨明けるんちゃうかな?

それにしてもセミの最後はみごと!だよね。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記