2013年03月03日

トリガーポイント治療セミナー参加


昨日、今日はトリガーポイント治療セミナーに行ってきました。

トリガーポイント研究所主催のセミナーです。
昨年7月に参加して、今回2回目です。

2回目にして、やっとこ、話のつながりが分かりましたわ。

あ、トリガーポイントセミナーといっても、これがトリガーポイントだよ、って
教えてくれるセミナーとは違います。
前回、なんとなく、もやもやとした気持ちで終わったのは、ここんとこが
分からなかったから。

要は、このセミナーは、患者さんの訴える「今の痛み」のバックには、
それを引き起こした古いトリガーポイントがあって、それを不活性化しないことには
一時的には痛みが軽くなっても、しばらくしたらまた痛みは出ますよ、
連鎖の視点で病因を見ましょう、最初にできたところから治療していきましょう、
という主旨のセミナーなのでした。

肋骨下部のマッサージで母指球がやわらかくなったり、
腓骨を動かすだけで、前かがみの姿勢が矯正されたり、
大腿部の張りで内臓の調子が分かったり、張りを緩めたり、
頭頸移行部の動きを良くすると腰の回旋がしやすくなったり・・・などなど、
目からうろこのデモの連続。

心の問題、栄養、腸機能、関節のブロック・・・などの治癒力阻害因子への
アプローチも教えていただきました。


帰ってからYou tubeで、トリガーポイントのこと、なんか載ってるかな〜と思って
検索してみたら、うぬぬ。。。????と思うこと多し。
なにもこりこりと揉まなくても、不活性化することできますよ。

中には、「これ、この硬いコリコリがあるでしょ。こういうのがトリガーポイントだよ。」
って、教えているのもあったりして。

トリガーポイントって、硬いものとは限らないよ〜。

・・・・と、わたくしは画面に向かって突っ込んだのでありました。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記