2013年01月08日

予防にお金をかけよう。


昨日は新しく依頼を受け、84歳のNさんとお会いした。
両脚が静脈血栓症で、右脚に関しては深部静脈血栓をお持ち。
両側とも膝上から足先までパンパンであった。

動作を見させていただいたところ、ベッドから身を起こすのも一苦労。。。
腕や体の上部も弱くなっておられた。

Nさんに限らず、街中では、体じゅうが悲鳴を上げた風体で歩いている人がいる。
(こんなになるまで何故ほっといたんだ!)痛々しく感じながら後ろを歩く。
ちゃんとケアしていればそこまでアライメントが崩れることがなかったのでは。

家のメンテもこまめにやれば長持ちする。やらなかった場合でも建て替えればいい。
が、人間の体はそっくり取り替えはできない。
今までたくさんのお年寄りに会ってきた。たいていの人は、病気になってからのお金を考える。
自分にお金をかけるのがもったいないと言う。そう言っていて、痛みを我慢したり、
ただじっとしていたら、どうなる?
もっと予防にお金をかけてはどうだろう。

さあ、Nさん、積極的にやれば血栓が飛ぶし、やらねば寝たきりへの急降下。
難しいケース。もっと早くから予防に目を向けてくれる医師がいたら・・・
高齢化と日本の医療、まだまだバランスが取れず。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記