2013年01月11日

あたりまえ


本日の日めくり・・・「禍福は天にあるにあらず、人の招く所による」


昨日Nさんの運動指導後、我が腰を伸ばそうとしたら、まあ硬いこと!伸びひん。。。
このところの柔軟性の低下は著しい。オステオパシ―のS先生に、
「筋肉が硬い。甘いものよく摂るね?」と言われたことがあったが、
すでにそういうレベルの問題ではなく、“年齢”のせいである。
以前聞いた、年老いた鶏の肉は硬いという話。黄色く変色したスジ肉が目に浮かぶ。

ここ数年の体のあちこちの痛み、こわばり。今までのように、
対処すれば治るものだと思っていたが、これは年齢によるものだと自覚したら、
案外すんなり受け入れられたから不思議だ。
それならそうと、それらとのつきあい方も変わる。

こと自分の体の「あたりまえ」には、意外に本人は気づきにくいものらしい。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月10日

日めくりカレンダー



日めくり


忘年会のプレゼント交換用に日めくりカレンダーを買った。
ついでに自分用のも買っていたのを すっかり忘れていた。
気がつけば、年が明けてから1週間も過ぎていた。

「来年は一日一日を意識して、毎日を新鮮な気持ちで迎えよう!」
・・・あの年末の誓いはどこへ行った?

なんともまぬけな「まとめめくり」。

それにしても、毎日いいことが書いてあるなぁ。。。

 1日 第一の財産は健康である
 2日 みのる程頭をたれる稲穂かな
 3日 苦楽は生涯の道づれ
 4日 転がる石には苔が生えぬ
 5日 無から有は生じない
 6日 賢い人は聞き、愚か者は語る
 7日 千里の行も一歩より始まる
 8日 流言は知者にとどまる
 9日 使わぬ宝は無いも同然
10日 成功の秘訣は目的の一定不変なるにあり





posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月09日

“感情”の渦にハマらないよう


昨日は道場でM先生にガツン!と(食らわされる)。いや、ガツンと言うよりねちねちか。
試験の申し込み用紙を3枚いただけないかと申し出たら、思いもよらぬ言葉が。
これがK嬢だったら「しゃーないな(苦笑)」と横からスルリと渡すのだろうに。

今までだったら、(M先生は忠告してくださったんやな・・・)と受け取っていただろう。
でも客観的に考えたら、あそこまで言われる必要はないわけで、
助手を辞めてしまうということは、こういう仕打ちを受けることなのだと、
辞めてから2年経った昨日、やっと分かった。(← 遅いって。笑)

本業が、個人で集まっても“つーかー”で、ひとつの目標に向かって、
即、その場で力を結集できる仕事のせいか、
道場でも、地道に練習していれば、普通に引かせてもらえるもんだと思っていた。

でも違った。見渡すと道場の中に“感情”が渦を巻いていた。
出稽古に来ておられる方が言っていた所属変更しない理由を思い出した。
「ここは人間関係が複雑。」

さあ、これから自分はどうして行くか?
何かをされるのもしてしまうのも、言うも言われるも、“甘えの感情”。
されても言われてもいいから、自分は謙虚な気持ちを忘れずにいよう。
道場では無駄口を叩かず、“感情”におもむくまま口にせず、緊張感を忘れず。

ちょっとまじめに考えた 11年目の誓い。



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月08日

予防にお金をかけよう。


昨日は新しく依頼を受け、84歳のNさんとお会いした。
両脚が静脈血栓症で、右脚に関しては深部静脈血栓をお持ち。
両側とも膝上から足先までパンパンであった。

動作を見させていただいたところ、ベッドから身を起こすのも一苦労。。。
腕や体の上部も弱くなっておられた。

Nさんに限らず、街中では、体じゅうが悲鳴を上げた風体で歩いている人がいる。
(こんなになるまで何故ほっといたんだ!)痛々しく感じながら後ろを歩く。
ちゃんとケアしていればそこまでアライメントが崩れることがなかったのでは。

家のメンテもこまめにやれば長持ちする。やらなかった場合でも建て替えればいい。
が、人間の体はそっくり取り替えはできない。
今までたくさんのお年寄りに会ってきた。たいていの人は、病気になってからのお金を考える。
自分にお金をかけるのがもったいないと言う。そう言っていて、痛みを我慢したり、
ただじっとしていたら、どうなる?
もっと予防にお金をかけてはどうだろう。

さあ、Nさん、積極的にやれば血栓が飛ぶし、やらねば寝たきりへの急降下。
難しいケース。もっと早くから予防に目を向けてくれる医師がいたら・・・
高齢化と日本の医療、まだまだバランスが取れず。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月07日

真剣さ

F院のS先生は2015年に開校するという。サイトに載っていた先生の言葉を読んだ。
真剣さが伝わる。S先生の魅力は、まさしくこの“真剣さ”だ。

問診から治療まで、集中してもくもくと進める。患者さんの治療効果がバツグンなのも、
「もう来なくて大丈夫。」と言っても来院したり、リピーターが多いのも、
S先生が自分の症状に“真剣”に向き合ってくれたと実感するからだと思う。
人は自分を分かろうとしてくれていると感じた時、このうえなく嬉しいものだから。

さあ今年は、相手に自分の“真剣さ”が伝わる仕事を わたしも目指そう!


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記