2013年01月31日

感動したっ。


日めくり1月31日「近い者に金は貸さぬもの」



いやー、昨日のコラボはすごかった!

イルカさんと息子さんの冬馬さんの「なごり雪」、TV共演、初。

きれーかったー!!

冬馬さんの声、やさしー(^^)


(↓ネットで探したら、「なごり雪」歌ってはるのはこれだけだった。。。)





<追記>

美空ひばりさんの息子さんの加藤和也さんの話。
お化粧するまえは「おかあさん」だけど、お化粧したら「美空ひばり」になって、
オーラが凄くて近づけなかった。。。と。



(↑ これは東京ドーム公演。実はこのとき舞台裏では医師、看護師が控え、点滴しながらの状態。
  足腰の激痛に耐え、脚を引きずって歩いていたというが、舞台に立ったらそんな様子は
  微塵も感じさせない。50歳。)
 



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月30日

赤ちゃん大好き!「ベビーマッサージ」


日めくり1月30日「労力なくば、安楽もなく、休息もなし」



昨日は4か月乳児健診。
保健師さんが抱っこしていた赤ちゃんがぐずりかけたので、
先週教わったベビーマッサージの足趾のクルクルポン!をやったら、
赤ちゃんがきょとん!!モゾモゾしていた体が止まった。
続けて、ピン!ピン!ピン!・・・とハネたら、ニッコリ。

効果てきめんやん!ベビーマッサージ!



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月29日

死ねない時代 到来


日めくり1月29日「一升の利得より三合の倹約」



昨日出勤したら、伝言がロッカーに貼ってありました。
「Nさん、間質性肺炎と心不全でS病院に入院しました。」
Nさんは先日記事に書いた深部静脈血栓症で介護保険の利用者さんです。

昨日は介護用品のレンタル業者に歩行器をNさんの自宅に持ってきていただいて、
お嫁さんやNさんに実物を見せておススメする予定でした。
お嫁さんが反対してましたから、歩行器使うのを。
そのかわり、「リハビリしてください。もっと歩けるように。」と、
こちらは半ば強引でした。

症状からいくと、もう積極的な運動はやってはいけない状態だったのです。
リハビリというよりも家庭環境を整えて、1人暮らしのNさんが安全に体の負担を軽く
動けるようにすることが先決でした。
(もっと早く、楽な生活にしてあげてたら・・・)わたしはそう思います。


先日、OクリニックのO先生のセミナーでのお話。
「高齢者は自分が介護が必要になった時、どこに住みたいと思っているか?」


自宅でそのまま住もうと考えている人  日 本     46.2%
                       スウェーデン  18.5%   

リフォームして住もうと考えている人  日 本     20.2%
                       スウェーデン  47.5%
                        

高齢者住宅に住もうと考えている人   日 本     7.8%
                       スウェーデン  22.1%



要するに、「家で過ごしたいし、リフォームをすることも考えていない。」
そういう考えの人が多いという結論です。

実際の現場でもひしひしと感じます。「はい、リフォームします!」
なんて二つ返事をくれる人なんて、ほとんどいません。
いい返事をくれるのは同業種の身内か、これから一緒に住んで介護しようと
している人くらいです。それでも、周りから反対されたりしますからね。


はっきりいって、「他を変えたくありません、運動して体を動けるようにしてください。」
なんてお願いは都合が良すぎると思います。

新人の頃、病院勤務だけをしていたときは、お家に帰っても生活できるように
運動機能をアップしてあげなきゃ・・・という使命感のようなものがありました。
しかし、実際、在宅でのリハビリにかかわるようになってからは、
そんな使命感はちっぽけなもので、家に帰ったら結局は、患者さん個人の生活意識、
人生観、家族の意識、習慣、・・・などによって予後が決まっていくということを実感しました。
あたりまえですが。

病院では、決められたプランで動けるようになりますが、はたして、
退院してからはどうでしょう。今までの自分の生活の意識のまんま、
家にリハビリしに来てもらっても、その時間だけで、後の時間は自由気まま。

結局、言いたいことは、特に今の70代高齢者やその人たちの子どもたちは、
自分の老後をどう過ごすか、について考えることがなさすぎたのではないか、
ということです。昔は人生50年と言われていました。今は、病気して、
喋れない、動けない、食べれなくなったくらいじゃ死ぬことはできません。
そこのところを自分のことだと見据えてもらおうとしても、
今の当事者たちの考えを変えることは至難の業です。

それなら・・・今の20代、30代の人たちにはしっかり、
「自分がもし倒れたら、どうしたいか、どうしてほしいか」
を考えて、そして、表に現していってほしいと思います。
わたしはその人たちのお手伝いをしたいと最近思うようになりました。
特に女性は、妊娠しにくい人、難産の人が増えてきているそうです。
高校生で尿漏れに悩んでいる人もいます。
若いうちから自分の体をケアすることを意識していただいて、
年をとってから困らないような体を作っていってほしいです。

昔のような病院で介護してもらえる時代はもう戻って来ません。
自ら栄養、運動といった体作り、環境作りをしていった人が生き残る時代になるでしょう。
自費診療で自分の選んだ治療を受けるのもさかんになるでしょう。
自分に厳しい時代になると肝に銘じて行きたいと思います。


(・・・ちょっと今日は過激です。。た(^^ゞ)



posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月28日

過去の栄光と決別を。


日めくり1月28日「約束は易く、実行は難し」


雪が降った


昨晩、9時頃からチラチラと。11時頃には止んでいましたが、
地面が相当冷えていたらしく、今朝まで溶けずにありました。

昨日はあまりの寒さと、まぁ腕も痛いし、これ以上筋肉痛めるのも嫌だし・・・
と、ありとあらゆる理由をこじつけ、ふとんの中でモゾモゾ、朝練サボり(^^ゞ
9時までねばりましたが、どうもこうも自然現象は抑えることができず起きました。
ほかに用事が無いと積極的にだらだらしてしまうのであります。


先日、昔の同僚(男性)から何年ぶりかに電話がかかってきました。
仕事の話だったんですが、会話中、昔の呼び方「あかねちゃん」と
呼ばれるんですね、ちょっとこそばゆかったです。
まぁ、顔が見えないだけ、呼ぶ方も呼ばれる方も“マシ”でしたが(笑)


生活評論家の東海左由留さんが書かれていました。

 モテたり、ちやほやされたりした若かりしころの記憶にとらわれたスタイルを
 続けるのは厳しい。若さを追求するより、クロゼットをダイエットして、
 新たなおしゃれを確立してはいかが。

自分が想像している自分に、ファッション誌に載っているモデルさんと重ねてもダメ。
現実を見据え、いいかげん、過去の栄光にすがるのはやめようってこと。

「あかねちゃん」と呼ばれるのは嬉しいですが、過去の姿のまんまではいられないから、
年相応の自分でそう呼ばれるようになりたい。

そうだな、かわいいおばあちゃんをめざそう!
おばあちゃんになった姿で「あかねちゃん」と呼ばれるように、ね。


posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月27日

「メイドインジャパン」面白い!


日めくり1月27日「決定はあせってはならない、ひと晩眠ればよい知恵が出る」



先日、唐沢寿明さんがインタビューで、
「趣味は“車と山口(智子・奥さん)”」とおっしゃってた。
なんかしゃれてるやん、めちゃカッコいい。。。

見た目、清純派で人気上昇した唐沢さんだったが、本来の自分とのギャップに
苦しんだときもあったそう。インタビューではサバサバした会話、
飾らず、こびず、細かいことをいちいち気にしない、自由人って感じ。
今までのイメージ、完全崩壊。それがまた心地良くて、昨日、見ちゃったよ、
土曜ドラマ「メイドインジャパン」。

脚本家の井上さんが、唐沢さんがセリフを言うと(おお!こう来たか!)
と自分でも思ってもみなかった、人物の気持ちが表わされる・・・、
てなことを言っておられた。興味深い。

そんなこんなで昨日は、唐沢さんの演技を食い入るように見た。
人物の心の動き、ビンビン感じる。このドラマはおススメ!
第二回は来週土曜9時から。
→ 「メイドインジャパン」



<追記>

昼間、用事のついでに川沿いを散歩。今年は散歩推奨。
冷えた澄んだ空気、おひさまピカリ!見難いけど、写真。

川沿い散歩


夜は鍋。昨日は寒かったから、白菜と豚肉の重ね鍋。
針しょうが、白髪ねぎ、乗せて。はふはふ。

重ね鍋
(・・・見えん。)




posted by akane | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記